アレクサンダー・アルボン、手術から復活「大きな問題はない」 / ウィリアムズ F1シンガポールGP 金曜フリー走行
シンガポールのマリーナ ベイ ストリート サーキットは、F1ドライバーにとって、絶好のタイミングでのフィジカル チャレンジだ。だが、ほんの数週間前に虫垂炎とその後の呼吸不全に苦しんでいたにもかかわらず、アレクサンダー・アルボンは金曜日のランニングが「予想よりも良かった」と認め、アクションに戻った.

アレクサンダー・アルボンは、虫垂炎と診断された後、9月の初めにイタリアGPを欠場した。その後、手術を受けたアルボンは呼吸不全に陥り、挿管され、イタリアの集中治療室で治療を受けた。

シンガポールへの準備が中断されたにもかかわらず、アレクサンダー・アルボンは金曜日にシンガポールで勇敢に車に戻ったが、フリープラクティス1と2の両方で賞賛に値する16番手を獲得したにもかかわらず、いくらか後遺症を感じていたことを認めた。

金曜日はフィジカルの観点からどうだったかと質問されたアレクサンダー・アルボンは「オッケーだよ。そのままにしていてもオッケーだったかもね」と微笑んだ。

「困難になることはわかっていたけど、予想以上にうまく対処できていると感じている。かなりの量のロングランをこなした。日曜日のレース当日に比べればまだ4分の1だけど、明日はまだ1日休むことができる。もちろん、1つのレースと1つのブロックのドライブだけなので、それほど悪くないことを願っている」

「全般的に言えば、車に乗っているときは大丈夫だ。それ以上にとにかく暑い! 外に出ると、明らかにフィジカル的に厳しいと感じる。でも、大きな問題はないように感じているし、気分はいい」

しかし、フィジカル面での挑戦は別として、アレクサンダー・アルボンは、ウイリアムズがシンガポールで苦戦することを予想していたことを認め、土曜日にQ1を抜け出すこと自体が結果になるだろうと認めた。

「どこで苦労しているかは分かっているいるように感じている。それが重要なことだ」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「クルマのポテンシャルは少し上がったように感じている。ここに来て、たとえば、モンツァよりも少し遅れいることは分かっていた。サーキットは僕たちに有利になる傾向はない。非常にダウンフォース効率の高いサーキットだ。ここには22~23のコーナーがあって、ラップタイムを取り戻すためのストレートは多くない」

「僕たちはできることをやっています。ラップタイムは確実にあると感じている。まだリズムに乗って壁に近づいているところだ。それがすべてだ。だから、今夜は調査と宿題を行ってもっと強く戻ってきたい。今週末のQ2は僕たちにとって本当に大きな成功になるだろう」

アレクサンダー・アルボン ウィリアムズ・レーシング F1 シンガポールグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / ウィリアムズ / F1シンガポールGP