F1:アレクサンダー・アルボン、ミラノの病院を退院してモナコに帰国
アレクサンダー・アルボンは、F1イタリアGPの週末に発症した虫垂炎の虫垂炎の手術後に麻酔合併症で呼吸不全を起こして一時は集中治療室に入っていたが、回復してモナコに帰国した。

土曜日の朝、モンツァでの最終プラクティスの数分前に、ウィリアムズF1チームは、アレクサンダー・アルボンが虫垂炎のため、残りのレース週末に参加できないことを発表した。

代役を務めたニック・デ・フリースは、輝かしいF1デビューで多くの見出しとなった。予選ではQ3に到達し、ライバルによるエンジンペナルティのために8番グリッドからレースをスタートし、9位でフィニッシュして2ポイントを獲得した。

月曜日、レースから24 時間後、ウィリアムズF1チームは憂慮すべきプレスリリースを発表した。虫垂を切除する手術を受けたアレクサンダー・アルボンが麻酔合併症で呼吸不全を起こして集中治療室に入っていたことを明らかにした。

BBC Sport によると、2歳のアレクサンダー・アルボンは「虫垂切除術を経て、ミラノの病院から退院し、モナコの自宅に戻った」とのこと。

「回復は計画通りに進んでいる。 ターゲットはシンガポールグランプリのままだ」

ウィリアムズはその後、PAニュースエージェンシーに次のように伝えてニュースを確認した。

「アレックス・アルボンが帰国したことを発表できてうれしいです」

これ以上F1レースを欠場しないというアレクサンダー・アルボンの希望は、9月25日に予定されていたソチでのレースのキャンセルによって助けられた。

つまり、予定されていたトリプルヘッダーは、10月の最初2つの日曜日に行われるシンガポールと日本でのダブルヘッダーになり、アレクダンダー・アルボンの回復に1週余分に回復する時間を与えた。

ウィリアムズでの最初の年に、アレクサンダー・アルボンは、オーストラリア、マイアミ、ベルギーの 3つの異なるレースで4ポイントを獲得している。

モンツァでのデ・フリースの2ポイントが追加され、ウィリアムズの合計6ポイントとなり、コンストラクターズ チャンピオンシップで10位に留まっている。ニコラス ラティフィは今シーズンまだポイントを追加できていない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / ウィリアムズ