アレクサンダー・アルボン、クラッシュで病院に搬送も無事退院 / ウィリアムズ F1イギリスGP 決勝
ウィリアムズF1チームは、F1イギリスグランプリのオープニングラップでクラッシュに巻き込ま輪れた後、病院に搬送されていたアレクサンダー・アルボンが退院したことを発表した。

周冠宇、ジョージ・ラッセル、ピエール・ガスリーが絡み、周冠宇が逆さまでフェンスに激突する大クラッシュのさらに後方で、アレクサンダー・アルボンは角田裕毅、セバスチャン・ベッテル、エステバン・オコンとのクラッシュに巻き込まれていた。

周冠宇とジョージ・ラッセルはメディカルセンターで検査を受けて診断されたが、アレクサンダー・アルボンは「予防的検査」のためにヘリコプターでコベントリー病院に搬送された。その後、日曜日の夜に退院した。

「大丈夫、ペットたちも無事だ」とアレクサンダー・アルボンはイギリスグランプリで着用したカスタム「アルボンペット」ヘルメットについてTwitterで言及した。

「でも、もっと重要なのは、周冠宇が無地だったことだ。メディカルスタッフとすべてのメッセージに感謝する。すでにオーストリアに目を向けている」

ウィリアムズF1チームは「アレックスがオールクリアーとなり、コベントリー病院から退院したことを発表できることをうれしく思う」とTwitterで確認した。

また、ウィリアムズF1のチーム代表を務めるヨースト・カピートは「病院からアレックスが無事だという非常に良いニュースを受け取った」とウィリアムズの公式ウェブサイトのレース後のvlogで語った。

「彼はリリースされ、家に帰ってリラックスして次の週末の準備をすることができる。残念ながら、彼のレースは最初のコーナーの前に終わっていった。彼にとってかなり良いレースだったかもしれない」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / ウィリアムズ / F1イギリスGP