アレクサンダー・アルボン 「アロンソは罰せられる必要がある」 / F1アゼルバイジャンGP 予選
ウィリアムズF1のアレクサンダー・アルボンは、F1アゼルバイジャンGPの予選Q1終盤のフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)の走行が遅すぎたと非難。「罰せられる必要がある」と語った。

予選Q1セッションの終盤にランス・ストロール(アストンマーティン)がクラッシュして残り2分30秒で赤旗。アレクサンダー・アルボンはアタックに間に合うようにラインを通過するために必死にアウトラップをプッシュしていたドライバーの1人だった。

しかし、結果が変わらなければ安全にQ2に進めるポジションにいた他チームのドライバーは彼らの先に出たことで、そうではないドライバーは妨げられた。

最も有罪となった犯人の1人はフェルナンド・アロンソでした。アロンソは、不必要に集団の前を低速で走行し、ターン15のランオフエリアにコースオフして、イエローフラッグを出した。

イエローフラッグによってタイムを更新できなかったアレクアンダー・アルボンは、Q1で敗退。フェルナンド・アロンソが故意にそうしたと無線で非難し、スチュワードにアロンソにペナルティを課すように促した。

『彼は罰せられる必要がある、コイツ(アロンソ)は罰せられなければならない』とアレクサンダー・アルボンは怒りを露わにした語った。

「馬鹿げている。彼はラップ全体でそれをやっていた。 彼はわざとゆっくりと運転した。それは非常に明白だった。彼がどのようにコースを外れたかは馬鹿げていた」

「彼はとても早くブレーキをかけた後、サーキットを離れた」

アレクサンダー・アルボンは、アゼルバイジャングランプリの決勝を17番グリッドからスタートする。、実際、これは今シーズンで4番目に良い予選パフォーマンスだったが、明らかに彼は車のペースは速く、もっと多くのことが達成できたと感じていた。

フェルナンド・アロンソのラップは、今シーズン6回目のQ2進出にむけてプッシュしていたケビン・マグヌッセン(ハースF1チーム)のチャンスも台無しにした。マグヌッセンははアルボンとラティフィに先んじて16番グリッドからスタートする。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / ウィリアムズ / F1アゼルバイジャンGP