アレクサンダー・アルボンが語る“F1ドライバー同士の友情のカタチ”
アレクサンダー・アルボンは、F1ドライバーがコース外で友情を維持する方法についての洞察を与えた。

グリッド上の多くのドライバーは、 F1に向かう途中で同じジュニアカテゴリーで競い合って、数年間一緒にレースをしてきた。そのため、一部のドライバーは長い間お互いのことを知っている。

コース上では激しいライバルであるにもかかわらず、何人かのF1ドライバーはレースをしていないときは友情を維持している。アレクサンダー・アルボンは、現在、F1で彼らがグリッド上の異なるポジションにいることを考えると、ライバル関係の性質が変わったことを認めるが、関係はほとんど同じままだと語る。

ライバル関係がどのように進化したかについて「僕にとっては、今は違う。僕はウィリアムズにいて、シャルル(ルクレール)はフェラーリにいてレースに勝っている。でも、マックス(フェルスタッペン)とシャルルは子供の頃も違いはないと思う」とアレクサンダー・アルボンはBeyond The Gridで説明した。

「カートでは、多かれ少なかれ誰でも勝つことができる。他の人よりも速いエキップメントはまだあるけど、かなり似通っている」

「F1に向かうとき、全員に競争力があるので、少し違いがあるど、F1では全員が異なるマシンに乗っていて、それが少し起こっている」

「でも、誰もが競争力を持っている。若いときは、もう少し牙をむいて、肘をはっているのかもしれない。カートでは、明らかに人をプッシュことができるし、何も起こらない」

「一方、レースでは、フロントウィングを変えることができるし、もう少し進んでいるので、少しそれがある。でも、競争力、勝つ意志は変わらない」

お互いにレースをするときの競争力にもかかわらず、アレクダンサー・アルボンは、ドライバーの多くがサーキットから離れて強い友情を築いており、一部のオブザーバーがこれを否定的に見ているのは奇妙だと感じている。

「僕たちのほとんどが12歳からお互いに競争してきた。これまでずっとね」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「僕たちのほとんどが12~13年一緒にレースをしている。今では、たくさん旅行するなかで、家族よりも多くの会っているかもしれない」

「彼らのことを嫌い、毎日彼らに顔を合わせなければならないなら、それは大変な12年になるだろう! でも、幸いなことに、僕たちは友達だ。人々はそれを悪い見方で見ているのではないかと思う」

「まるで『なぜこれらの人たちは友達なのか? 昔はみんながお互いを憎み、素手で殴り合いを始めていたものだ』みたいにね」

ドライバー同士が友達になれるのは新鮮と質問されたアレクサンダー・アルボンは「僕はそれが好きだし、私たちは本当に友達だと思う」と付け加えた。

しかし、サーキット上ではお互いの扱いが異なっているかと質問されたサレクサンダー・アルボンは「そうだね、僕たちはそうしているよ!」と語る。


「それが問題だ。僕たちは友達であり、お互いの仕事を楽しんでいる。お互いをからかったり、苛立たせたりするのが大好きだ。レースの面では、みんなが自分中心だ」

「ヘルメットをかぶったら、その友情は遠ざける。でも、まだリスペクトを持っている。そして、ヘルメットを脱いだときは、まだ再び友達であることを知っている」

「テレビのリアリティ番組とは違う。ヘルメットを脱いで。Instagramであフォローを解除し、関係を終わらせるようなことはしない」

「僕たちはまだ友達です。トラックで何かが起こると、少しのテキストの交換はある、『あれは何だったんだ?」的なね。でも、僕たちはそれを補う。僕たちはもう十分な年齢だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / ウィリアムズ