F1:アレクサンダー・アルボン 「フェルスタッペンの精神力は信じられない」
アレクサンダー・・アルボンは、元レッドブルF1のチームメイトであるマックス・フェルスタッペンの精神力は“信じられない”ほどだと称賛し、自分にインスピレーションを与えたと語った。

マックス・フェルスタッペンは、2021年に初めてF1タイトル争いに挑んだが、昨年はF1史上稀に見える波乱に富んだシーズンのひとつだった。

最終戦のファイナルラップでルイス・ハミルトンとのバトルを制したマックス・フェルスタッペンは、シーズンを通じてどのようにプレッシャーに対処してきたかについて広く称賛されている。

アレクサンダー・アルボンは、マックス・フェルスタッペンの精神力の強さは“信じられない”ほどだと語る。

「何よりも、心配しない彼の能力に驚いた」と2022年にウィリアムズでF1復帰するアレクサンダー・アルボンはmotorsport-total.comに語った。

「精神的に彼は素晴らしい。彼はマシンを運転するだけで、結果や他に起こっていることについては何も考えていない。それは僕にインスピレーションを与えた」

「ルイスの後ろでフィニッシしても、マックスは 『オッケー、それは問題ではない』と言うだろう。彼がレースをリードしたり、レースに勝っても『オッケー、どうってもとない』という感じだった」

「彼ほどの脚光を浴びることは容易ではないし、僕はそれを賞賛している」

マックス・フェルスタッペンが最初のF1ワールドチャンピオンを獲得した方法は物議を醸した。F1レースディレクターのマイケル・マシは最後のセーフティカーリスタートのためにフェルスタッペンをルイス・ハミルトンのすぐ後ろに彼を置き、彼ら間の周回遅れのマシンだけが追い越すことを許された。

それを考えれば、マックス・フェルスタッペンは不当なワールドチャンピオンだと感じる人もいるが、アレクサンダー・アルボンはそうではないと信じている。

アレクサンダー・アルボンは、そのよう見解や、メルセデス、ルイス・ハミルトン、彼らのファンが感じる怒りを理解しているが、その一方で、シーズンを通してマックス・フェルスタッペンとレッドブルにも物事は逆行していたと感じている。

「もちろん、僕は両方の側面を見ることができる」とアレクサンダー・アルボンは付け加えました。

「シルバーストン、ハンガリー、ジェッダ、さらにはアブダビの最初のラップを見ると、彼に反する決定が下されたという印象がある」

「もちろん、メルセデスにとっては気分が悪いに違いないが、同時にレッドブルはそれに値すると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / マックス・フェルスタッペン