レッドブルF1のアレクサンダー・アルボン 「F1を離れられるのは最長で1年」
アレクサンダー・アルボンは、2022年にF1レースを獲得できなければ、自身のF1キャリアにとって不吉な兆候だと認める。

セルジオ・ペレスの加入によってレッドブル・レーシングのF1シートを失って今季は傍観する立場となったアレクサンダー・アルボンだが、RB16Bを開発するためにシミュレーターで行った作業でチームから賞賛されている。

2度のF1表彰台フィニッシャーである25歳のアレクサンダー・アルボンはまだF1キャリアを続けるチャンスはあると考えている。ただ、DTMの選択されたラウンドに出場することで競争力を維持しているものの、他のドライバーも同じポジションにいて空席は非常に限られているため、2022年にすぐに復帰する必要があると考えている。

もう1年F1から離れることは問題になるかと質問されたアレクサンダー・アルボンは「年齢という点では、まだそこまで年は取っていない。でも、F1は比較的早く動く」と Formula1.com に語った。

「1年以上経つと、マシンはトリッキーになる。一年のブレイクは最大だ。それがエステバン(オコン)がしたことだ。フェルナンド(アロンソ)は例外だけどね。フェルナンドはフェルナンドだ!」

「マシンは非常に急速に進化し、テクノロジーは進歩している。F1に近いシリーズはない。別のことをやって飛び回っているわけにはいかない」

「つまり、最長で1年だ。今の多くの推進力は、自分にできることすべてを確実に実行できるようにすることと、自分自身で活動し、周りを見回し、自分のために何があるかを確認することだ」

レッドブルF1のプログラムに参加しているアレクサンダー・アルボンは、特にセルジオ・ペレス、そして、アルファタウリF1のピエールガスリーと角田裕毅に注目している。

だが、マックス・フェルスタッペンとピーエル・ガスリーのシートは、現在のチームでの最初のシーズンで浮き沈みのあるセルジオ・ペレスと角田裕毅よりも、パフォーマンスをベースしたセキュリティ度はかなり高いようだ。

「グリッドの他の場所はそれほど多くはない」とアレクサンダー・アルボンは語る。

「いくつかの点で、僕は他の人がパフォーマンスを発揮できないことに依存している。それがF1のドライバー市場というものだ」

「僕がF1でチャンスを得たときは、ダニエル(リカルド)が移籍するというラッキーな部分があった。それがすべてを変えた。そういった意味では今年は少し新鮮味はない。ここでレースシートが手に入れられない場合、可能性のあるチームがいくつかある。そこは様子を見てみなければならないことのひとつだ」

「レッドブルでは、誰もが僕にとってとても親切だ。ヘルムート(マルコ)とクリスチャン(ホーナー)は、機会があれば、僕を助け、サポートすることにオープンだと確信している。シムとリザーブの役割もオプションになると思う」

「今のところ、僕の主な焦点はF1だし、スペースがあるかどうかを確認することだ。そのあとどうなるかは見てみよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1