アレクサンダー・アルボン 「辛いけど2022年のF1復帰を諦めていない」 / レッドブル・ホンダF1
アレクサンダー・アルボンは、レッドブル・ホンダのF1シートを失ったことは“辛い”と認めてるが、2022年にF1で“再びタイの旗を掲げる”ことを決意していると語る。

日産とのフォーミュラE契約を蹴って、2019年にトロロッソ・ホンダでF1デビューを果たしたアレクサンダー・アルボンは、初めてF1マシンに乗ったとは思えないパフォーマンスを発揮して、夏休み後にピエール・ガスリーに代わってレッドブル・レーシングに昇格。

しかし、迎えた2020年は癖の強いRB16で一貫性に欠け、チームメイトのマックス・フェルスタッペンに匹敵することができず、来季はセルジオ・ペレスにレースシートを奪われることになった。2021年はテスト兼リザーブドライバーに降格する。

アレクサンダー・アルボンは、発表後初めてソーシャルメディアでメッセージを公開。多くのサポーターに感謝し、2020年シーズンに“やれることはやった”と主張した。

「嘘をつくことはできない。辛いことだ。全力を尽くしたけど、十分ではなかった」

「今年を通して僕を支えてくれたすべての人、特にタイのファンに心から感謝している」

「いろいろな意見があったけど、僕はいつもみんなを後押ししてもらった」

今シーズン、2回の表彰台を獲得したアレクサンダーアルボンは、2022年に再びF1グリッドに戻るために戦うと誓った。

「僕は諦めていない。自分の人生をこれに注いできたし、それをここで止めることはない」とアレクサンダー・アルボンは付け加えた。

「僕にはもっと与えることがある。僕の焦点は2022年に戻って、再びタイの旗を掲げることだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1