アレクサンダー・アルボン 「最高の結果を出したいという気持ちは強い」 / レッドブル・ホンダ F1サヒールGP プレビュー
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンが、2020年のF1世界選手権 第16戦 F1サヒールGPへ向けての意気込みを語った。

先週末にバーレーン・インターナショナル・サーキットで開催されたF1サヒールGPで、アレクサンダー・アルボンは自身2度目の表彰台となる3位でフィニッシュ。チームメイトのマックス・フェルスタッペンも2位でフィニッシュして、“レッドブル・ホンダ”としては初のダブル表彰台を達成した。

「表彰台に戻ることができて間違いなくうれしかったし、チーム初のダブル表彰台でもあったのでポジティブな結果だったと思う。さらに重要なのは、多くのポイントを獲得できたことだし、今後もこのような結果を出し続ける必要がある」とアレクサンダー・アルボンはコメント。

「僕たちはバーレーンの同じサーキットでレースをするけど、レイアウトは変更され、間違いなく非常に異なっている。今回の僕たちのように、同じトラックでダブルヘッダー開催する場合、サーキットのレイアウトを変更して、スパイスを効かせるのは素晴らしいアイデアだと思う」

「このレイアウトは非常にユニークで、良いレースになると思う。加えて、このような短いラップで、グランプリ最上最多のの周回数になる。予選はクリアラップを得るという点で非常に難しいだろし、それは別の次元を追加し、面白くしてくれるだろう」

「でも、トルコやムジェッロのようなトラックを振り返れば、今回のような“異なる”種類のトラックは素晴らしいレースになる傾向があるので、今週末もそうなることを願っている」

他の何人かのドライバーは、このレイアウトがカオスを生み出す可能性があると語っている。

それについてアレクサンダー・アルボンは「いつでも動けるように準備しておいて、状況に対応するくらいしか言えることはない」と語る。

「予選は混乱するだろうけど、それなりに良いラップを刻むための時間は十分にあるはずだ。まずはクリアラップを果て、誰かの邪魔にならないようにする必要がある。トリッキーになるだろうし、図面でサヒールを見れば、このような新しくユニックなトラックでは、エンジニアと協力してマシンセットアップに取り組み、コミュニケーションをとっていくことが鍵となる」

「かなり短いトラックなので、DRSトレインになって、コース上でマシンがほとんど分離しなくても驚かないだろう。そこでソーシャルディスタンスをとることはできないだろうね!」

先週末は競争力をみせたレッドブル・ホンダだが、今回のレイアウトはRB16に合っているかと質問されたアレクサンダー・アルボン「今週末はよりパワーセンシィティブなレイアントなので僕たちにとってもっと挑戦になるかもしれない」とコメント。

「このような短いラップではタイムがとても拮抗すると思うし、マシンセットアップを確実に決める必要がある。先週末から改善すべき点があることは変わっているので、金曜日、土曜日を通してそこを土台にして日曜日のレースに向けてマシンを調整し続けていく」

まだ2021年のレッドブル・ホンダへの残留が決定していないアレクサンダー・アルボンは、残り2戦が重要となる。

「誰にとっても非常に忙しいシーズンだったし、メカニックにとって厳しいトリプルヘッダーで締めくくることになるけど、僕の焦点は可能な限り強いシーズンにすることだ」とコメント。

「前進し、最高の結果を出したいと言う意欲とモチベーションはこれまでになく強い」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1 / F1バーレーンGP