アレクサンダー・アルボンに課せられた重要なミッション / レッドブル・ホンダF1
レッドブル・ホンダF1とマックス・フェルスタッペンは2020年のF1ワールドチャンピオン獲得を目指している。レッドブル・ホンダ RB16が十分に競争力がある場合、1つの疑問が残る。アレクサンダー・アルボンはフェルスタッペンを助けるのに十分だろうか。

マックス・フェルスタッペンがF1ワールドチャンピオンを獲得する準備ができていることを疑う人はいない。実際、今シーズン、フェルスタッペンはルイス・ハミルトンの唯一のライバルと目されている。

今ではマックス・フェルスタッペンが勝てるかどうかは、レッドブル・ホンダF1がメルセデスと全チームで戦えるマシンを与えられるかにかかっていると考えられている。

アレクサンダー・アルボンの役割も重要となる。昨年、トロロッソでF1デビューを果たし、シーズン途中にレッドブルに加わったアルボンにはまだ学ぶべきことがたくさんある。

オランダ出身のレーシングドライバーであるトム・コロネルは「アルボンはマックスにとって良いチームメイトになると思う。F1での2年目であり、それは重要だ。彼はチーム内でより落ち着くことができる。もちろんそれはホンダにも当てはまる。彼は負けず劣らずのパフォーマンスを発揮し、プレッシャーをかけ、良いチームメイトとして行動できる可能性がある」と語る。

F1ジャーナリストのルード・ ディマーズは「ワールドチャンピオンのためにアルボン非常に重要です」と語る。

「彼が次のステップを果たさず、成長し続けない場合、彼はライバルからポイントを奪うことはできないだろう。彼は現在まで、F1クラスでフェルスタッペン、(ランド)ノリス、(ジョージ)ラッセルのレベルにしたことがない。これから彼はバルテリ・ボッタスやセバスチャン・ベッテルと戦わなければならない。そうでなければ彼はポイントを奪うことはない。マックスは、ポイントを奪うことができる人を必要としている。さもなければ、ワールドチャンピオンになれない」

近年、バルテリ・ボッタスはいくつかのレースで優勝し、2019年の序盤戦でメルセデスは6戦連続で1-2フィニッシュを果たした。それにより、メルセデスはコンストラクターズチャンピオンシップで大きなリードを築いた。

フェラーリでは、シャルル・ルクレールとセバスチャン・ベッテルが多かれ少なかれ同等であることと期待されている。つまり、彼らはライバルからだけでなく、お互いからポイントを奪い合っている。

トム・コロネルは、実際にアレクサンダー・アルボンは、マックス・フェルスタッペンのセカンドドライバーとして雇われていると考えている。

「非常に優れたセカンドドライバーが必要だ。彼はまだ若いが、他チームに雇われることはないだろう。だが、レッドブルでチャンピオンになりたい場合、それは非常にシンプルだ。ボスが決意するだけでいい。彼が給料を支払い、将来の世話をしているのだからね」

ルード・ディマーズによると、アレクサンダー・アルボンは今年が重要であることをよくわかっているはずだと語る。
「アルボンにはチャンスがあり、彼もそれを知っている。レッドブルは容赦ないし、昨年夏休みにガスリーをリリースしている。アルボンは素晴らしいことを示したが、数字を見ると、彼はガスリーよりわずかに優れているだけだった。彼は主に追い越しが優れていた。また、レッドブルがより得意としているトラックで走れたことも幸運だった」

「彼だけが常にトップ3のマシンの中で最も遅かった。彼は5位か6位でしかフィニッシュできなかったし、誰かがその場所から脱落した場合に順位を上げただけだった。彼はマックスがポールを獲得した場合、6番手ではなく、3番手にいられることを示さなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1