アルボン、レッドブル・ホンダ残留決定も「やることは変わらない」
アレクサンダー・アルボンは、F1デビューして1年も経たないうちに2020年のレッドブル・ホンダのフルタイムのF1シートを獲得できたことは“クレイジー”だと認める。

今年、トロロッソ・ホンダでF1デビューを果たしたアレクサンダー・アルボンは、正式不振のピエール・ガスリーに変わって夏休み後にレッドブル・ホンダに昇格。

F1ベルギーGP以降すべてのレースで6位以上でフィニッシュするパフォーマンスを発揮したアルボンは、2020年もマックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてレッドブル・ホンダのドライバーを務めることが発表された。

「本当にクレイジーだ」とアレクサンダー・アルボンは語る。

「本当の意味でね。当初、ハンガリーの後に起用されたときは非常に困難な見通しだった。でも、自分には何かできると感じていた」

「正直言って、ここまでのレースにはかなり満足している。もちろん、やっと来年も留まることを伝えられてとても気分はいい。本当にいい気分だ」

「彼らとのレースはかなり満足していたし、もちろん、来年は安泰だと伝える最終連絡をもらえて、本当にいい気分でだ」

アレクサンダー・アルボンは、2020年に自分がどこで走るかわからない状況に決してストレスは感じていなかったとし、代わりに各レースで自分のパフォーマンスを最大限に引き出すことに集中してきたと語る。

「いつ決定が下されるのかはわからなかった」とアレクサンダー・アルボンは語る。

「僕としては、とにかくレースのことだけを考えて、自分の進歩に満足したかった。とにかく自分が進歩していることを示すことが重要だったと思う」

「いつ連絡がくるかという点に関しては、いずれ連絡がくることはわかっていた。でも、ストレスとは感じなかったし、とにかく“自分の仕事に集中しよう”と思っていた」

「正直に言って、今もそのように物事についてはいるし、外部のいろいろなことに惑わされることはない」

「今でもそれを続けられている。知っていても知らなくても状況は変わらないし、今シーズンの残りのレースと来年に向けて自分がやってきたことを続けるつもりだ」

「今でも重要なのは結果だし、それが僕の焦点だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1