アレクサンダー・アルボン、予選Q3での“駆け引き”を語る / F1イタリアGP
レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンが、F1イタリアGPの予選Q3での“駆け引き”について語った。

Q3進出を果たしたアレクサンダー・アルボンは、1回目のアタック中に赤旗中断でタイムを記録できず、2回目のアタックは多くのマシンが先頭での走行を嫌がる中で、スタート前に時間切れとなった。アルボンはタイムを記録することができずに8番グリッドとなった。

「ちょっと変な感じだったね。もちろん、僕たちはラップタイムを記録できていなかったので、他の人たちよりもラップをする多くの理由があったと思う。誰も非難することはできない。トウによってかなり速くなるので、誰も先頭で走るわけにいかなかった。本当に先頭にいたくないものだ」とアレクサンダー・アルボンは語る。

「もちろん、僕たち全員が駆け引きをしていた。僕たちの前でラップタイムを記録していたドライバーたちは、次の走行でラップタイムを記録する必要がないことをわかっていた。僕たち全員がタイヤの温度を維持するためにウィービングしていた渋滞していたので追い抜こそうとした。でも、どこでオーバーテイクできるかわからず、オーバーテイクさえできなかった。僕たちはすでにこのような状況についてブリーフィングで話をしていた。このようなことが起こることはわかっていたけど、誰もこれほど酷い状況になるとは思っていなかったと思う」

スリープストリームによってどの程度のゲインを得られるかと質問されたアレクサンダー・アルボンは「数字で答えるのは難しいけど、0.2秒以上だと思う」とコメント。

「全員が時間が足りないとわかって突然ペースを上げたし、ラップの最後はほぼ全開のアウトラップをしていた。僕はターン4で無理だとわかっていた。全員がまだあまりに遅すぎたからね。全員がまだウィービングしていた。できるだけ多くのクルマをオーバーテイクしたいものだけど、物理的に無理だった」

アレクサンダー・アルボンは、少なくとも8番手よりも上位で予選を終えられたと感じていると語る。

「FP3での最後の走行の前でさえクルマの感触はいいと感じていた。本当に感触は良かった。まだクルマを理解しているところだし、正しくはない方向に進むこともある。クルマを速くする必要がある部分を学んでいるところだからね。全体的にそれほど悪くはなかった。まだやるべき作業はいくつかあるけど、予選の最後の走行は逃したけど、実際のペースは良かった。シャルルやルイスのペースには届かなかったかもしれないけど、間違いなく4位、5位、6位を争えていたはずだ」

関連:【動画】 F1イタリアGP 予選 | 3名が戒告処分となったQ3最終ラップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1 / F1イタリアGP