F1 アレクサンダーアルボン トロロッソ・ホンダ
2019年のトロロッソ・ホンダのF1ドライバーを務めるアレクサンダー・アルボンが、2019年F1シーズンにむけての意気込みを語った。

2008年に弱冠12歳でレッドブル・ジュニアチームに抜擢されたアレクサンダー・アルボンだったが、結果を残せず1年でプログラムから脱落。だが、困難を乗り越え、努力を重ねて、昨年のF2選手権でジョージ・ラッセル、ランド・ノリスに次ぐ3位でシーズンをフィニッシュ。

一度は日産からフォーミュラEに参戦する契約にサインしていたアレクサンダー・アルボンだったが、F2での活躍がレッドブル首脳陣の目にとまり、日産との契約を解除して、2019年にトロロッソ・ホンダからF1デビューするチャンスを掴んだ。

2月11日(月)に発表されたトロロッソ・ホンダの2019年F1マシン『STR14』のプレスキットのなかで、F1デビューにむけての想いをアレクサンダー・アルボンが語った。

Q:F1のルーキーにとって、今まで慣れてきたことはまったく異なるテクノロジーがあるので理解しなければならないことはたくさんあります。現時点でシーズンのスタートにどのように向き合っていますか?
当然、急勾配の学習曲線になるだろうと思う。メルボルンの前にバルセロナで4日間のテストがあるけど、僕たちはあまり運転をすることはできない。主な焦点はクルマの中で快適に過ごし、できるだけ早くスピードを上げることだ。もうすぐわかるよ。個人的な準備の間は自分自身に過度なプレッシャーをかけない方だし、初日から持っているすべてを出していきたい。今年は僕が積んできた経験をみんなに見せる機会だ。

Q:サーキットでスピードを上げるためにシミュレータに多くの時間を費やしましたか?
まさにその通りだ。それが今の優先事項だ。シミュレータで時間を最大化しようとするのとは別に、チームと一緒にいることにも多くの時間を費やしている。できる限り早くクルマを理解することがすべての目的だし、それはメルボルンに役立つと思う。

Q:F2からF1への最大の変化は何でしょうか? ハイブリッド・パワーユニットに慣れましたか?
まあまあかな。僕はいくつかのフォーミュラEテストをすることができたので、そのときにパワートレインについて多くを学んだ、そして、それがいかに似ているかは非常に驚くべきことだ。テクノロジーは同じではないけど、エネルギーを節約する方法などは非常によく似ている。そのテストを行ったことは有益だった。適応するのはそれほど難しいことではないと思う。メインのことはとにかく実際のクルマの純粋なスピードだ。たとえ今年スピードが少し落ちるかもとしても、これらのクルマは今までより速いの明らかだ。F2からF1へのジャンプアップに関してはそこが本当に大きい。これは主にダウンフォースによるものだ。スピードを上げるのはそれほど難しいことではないと思うし、より慣れなければならない純粋なクルマの幅だ。第二、僕がみんなが認識していないと思っていることは、F1に関わる純粋な人々の量と労働倫理だ。自分のために働く人々が非常に多いという意味では異なるし、彼ら全員ができる限り速くなれるように努力しているので、ドライバーとしてチームと多くのやり取りがある。クルマから最大限を引き出すために話をする必要がある人が常にいる。F2では2人のエンジニアがいて、そこに1人のヘッドエンジニアと2人のメカニックがいて、それですべてだ。6人~7人だったのが、今では約400人いるチームに行く。まったく状況は異なるけど、それに慣れてきている。嬉しい問題だよ!

Q:より個人的な事柄ですが、レースナンバーとして23を選んだのはなぜですか?
僕は2人の大ファンなんだ。ミハエル・シューマッハとバレンティーノ・ロッシのね。若い頃、僕の寝室はフェラーリのために真っ赤だったし、すべて46にしていた。僕のレースナンバーは常に46だった。またクルマの側面に『The Doctor』を入れていた。彼については少し気が狂っていたね。4歳~5歳のときでさえ、僕が何かにイライラしていたら、母親がバレンティーノ・ロッシの年末ビデオを再生して、彼が勝ったサーキットを見つけていたのを覚えている。彼女がそれをテレビでかけると僕はテレビの前から動かなかったし、気分が良くなった。でも、シングルシーターの低いカテゴリーでは自分の番号を選択できないし、F1の番号を選ぶときがきたときは、商業用として46は使えないなと感じた。

Q:タイの旗の下でレースすることがあなたにとって何を意味しますか?
タイ人ドライバーになれるのは僕にとって大きなことだ。F1にタイ人ドライバーがいるのは久しぶりのことだし、みんなが誇りを思ってくれるとことを願っている。

Q:あなたは今シーズン、このスポーツに登場する新人のトリオの一員になりますね。
そこはあまり気にしていない。たくさんのF2ドライバーがF1にやってくるので、その意味で非常に特別な年だけどね。3人のドライバーがF2からF1にやって来るのにとても長い時間がかかったと思う。F1ではドライバーがベスト・オブ・ベストであることはわかっている。それにグリッドのほぼ半分がジョージとランドと僕が一緒にカートをしたり、対戦してきたドライバーで成り立っているのは嬉しいことだ。その数字の一部であることも嬉しい。僕がこれまでのキャリアを通して走り抜けてきた男たちとトップレベルでレースをするのはとても嬉しいことだ。

Q:あなたのヘルメットデザインの裏にストーリーはありますか?
そうだね、ちょっとしたストーリーがある。タイでは、王室は非常に尊敬されていて、ラーマ9世王はタイで最も尊敬されている一人だった。ラーマ9世王は労働者階級のためにたくさんの慈善事業をした。彼は2016年に亡くなった。それで、僕はヘルメットにタイ語で書かれた9という数字を入れた。それは彼のシンボルの一部だった。ヘルメットに関するタイへのもうひとつの言及は自分の名前に含まれているタイの国旗だ。

Q:タイの話を続けましょう。私たちはそこではレースをしません。活気あるモータースポーツシーンはありますか?
そうだね。実際、数年前にはF1レースを開催するという話があった。彼らはF1対応のサーキットを準備していた。タイでレースが開催されれば素晴らしいことだと思う。とにかくアメージングだろうね。もちろん、来年はベトナムにやってくるし、もう一歩近づいている。少なくともホームレースに似たものを僕に与えてくれると思う。モータースポーツはタイで大きくなってきているし、今年F1を見に来て来てくれる人がいることを願っている。

あなたはどこを拠点にするつもりですか?
ミルトン・キーンズだ。シミュレータのためにも便利だし。しばらくそこに住んでいる。

イタリアのチームと仕事をすることについてどう思いますか?
良いことだと思う。モータースポーツ、特にカートでは、モータースポーツの最高峰はイタリアにあるので、すべての時間をイタリアで過ごす。イタリア語を話すことができるダニールのような人々には少し嫉妬している・・・あまり話せないんだ! イタリアで2年間過ごしたけど、実際にはイタリア語でチームと話すことはなかった。少しは理解できるけど、十分ではない。一年を通して学んで上達させたいと思っている。

Q:特に楽しみにしているレースはありますか?それはそのトラックが好きなのか、それとも他の理由ですか?
鈴鹿は素晴らしいトラックのように思うし、日本かな。外側から見ていると、ファンが見えるし、情熱が見える。国も本当に好きだ。以前に一度行ったことがある。トラックは本格的だ。オールドスクールで、容赦ないサーキットだね。本当にクールに見える。間違いなく日本だと言えるね。

Q:今シーズンの目標をまとめてください。
一般的に、何も目標を設定しないことが自分のキャリアとレースで進めてきたやり方だ。毎年、レース後毎に一歩ずつ焦点を合わせてきた。プラクティス、予選、レースに関わらずね。そういう風に進めるだけだ。長期的な目標を設定するのは不要なプレッシャーを自分にかけるだけだ。自分自身に焦点を合わせているだけだ。それがすべてうまくいくか見てみよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: アレクサンダー・アルボン | トロロッソ | ホンダF1