アレクサンダー・アルボンの2021年02月のF1情報を一覧表示します。

アレクサンダー・アルボン 「自分の仕事がRB16Bに生かされている」

2021年2月28日
アレクサンダー・アルボン 「自分の仕事がRB16Bに生かされている」
2021年のレッドブル・レーシングのF1シートを失ったアレクサンダー・アルボンだが、リザーブ兼開発ドライバーとして、昨年自分とチームメイトのマックス・フェルスタッペンが苦労したRB16より、チームのエンジニアが今季マシン『RB16B』をより運転しやすいマシンに進化させるのを手助けするために、冬の間にシミュレーターで忙しく作業を行っている。

F1シート喪失のアレクサンダー・アルボン 「角田裕毅に恨みはない」

2021年2月28日
F1シート喪失のアレクサンダー・アルボン 「角田裕毅に恨みはない」
2021年のレッドブルの4つのF1シートから外れたアレクサンダー・アルボンだが、レッドブルやアルファタウリ・ホンダでF1デビューを果たす角田裕毅に“恨みはない”と語る。

2020年に期待された結果を残すことができなかったアレクサンダー・アルボンは、レッドブルがセルジオ・ペレスとの契約を決断したことでシートを喪失。2021年はレッドブルのリザーブ兼開発ドライバーを務めながら、ドイツツーリングカー選手権に参戦することが決定している。

アルボン 「2022年にF1グリッドに戻ることを誰よりも望んでいる」

2021年2月23日
レッドブルのF1シート喪失のアルボン 「2022年にF1グリッドに戻ることを誰よりも望んでいる」
アレクサンダー・アルボンは、レッドブル・レーシングのF1シートを失った失望から立ち直ることを目指しており、万が一の場合に備えて今年走るための準備を整えながら、2022年にシートを取り戻してF1グリッドに戻る決意を固めていると語る。

昨年、レッドブル・ホンダのF1ドライバー務めたアレクサンダー・アルボンだったが、レッドブルはアルボンが2021年のメルセデスF1との戦いのために必要なものを提供したかったと判断し、新たにセルジオ・ペレスと契約した。

ランド・ノリス 「アルボンのシート喪失はF1の厳しさの表れ」

2021年2月17日
マクラーレンF1のランド・ノリス 「アルボンのシート喪失はF1の厳しさの表れ」
マクラーレンF1のランド・ノリスは、アレクサンダー・アルボンを“非常に優れたドライバー”だと評価しており、友人であるアルボンがレッドブルのシトを失ったことでF1が“非常に不公平な世界”になる可能性があると感じていると語る。

2019年シーズン途中にレッドブル・レーシングに昇格したアレクサンダー・アルボンは、チームメイトのマックス・フェルスタッペンと打倒メルセデスとの戦いで期待値を超えることができず、レギュラードライバーからリザーブドライバーへと降格させられた。

レッドブル、AFコルセと組んで2021年のDTMに2台体制で参戦

2021年2月2日
レッドブル、AFコルセと組んで2021年のDTMに2台体制で参戦…アルボンはアルファタウリF1カラー
レッドブルは、AFコルセと組んで2021年のDTM(ドイツツーリングカー選手権)に参戦することを発表。レッドブルF1のリザーブドライバーであるアレクサンダー・アルボン、リアム・ローソン、ニック・キャシディーをドライバーに起用し、2台のフェラーリ488 GT3EVOを走らせる。

先月、レッドブルはF1チームのリザーブドライバーとなったアレクサンダー・アルボンが、レッドブル・ジュニアチームのリアム・ローソンとともにDTMに参戦することを発表。

アレックス・アルボン、レッドブルF1のシート喪失に自虐「僕は暇だから」

2021年2月1日
アレックス・アルボン、レッドブルF1のシート喪失に自虐「僕は暇だから」 / F1バーチャルGP
アレクサンダー・アルボンは、昨シーズン末にレッドブルF1のシートを失ったことをもう笑えるようになっている。F1バーチャルGPのライブ配信で自虐的にジョークを飛ばした。

昨年、チームメイトのマックス・フェルスタッペンに匹敵できなかったアレクサンダー・アルボンは、2021年はレッドブルF1のリザーブドライバーに降格となった。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム