F1アブダビGP:ペレスとマグヌッセン、PU交換で最後列スタート
F1サヒールGPのレースウィナーであるセルジオ・ペレス(レーシング・ポイント)は、ハースF1のケビン・マグヌッセンとともにパワーユニットのエレメント交換にとって最終戦F1アブダブGPの最後列からスタートする。

セルジオ・ペレスは、F1アブダビGPに先立って4基目の内燃エンジン、MGU-H、ターボチャジャーに交換。15グリッド以上のペナルティが蓄積されたことで、最後尾からスタートする。ペレスはF1サヒールGPで古いエンジンを使用し、最後尾からトップまで見事な挽回を果たしている。

ハースF1での最後のレースとなるケビン・マグヌッセンは、3基目のエネルギーストアとコントロールエレクトロニクスを搭載。ペレス同様に最後列スタートとなる。FP1ではミック・シューマッハが走行を担当したため、マグヌッセンは走行sなかった。

フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1サヒールGPのオープニングラップでの接触に3グリッド降格ペナルティを科せられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1アブダビGP / セルジオ・ペレス / ケビン・マグヌッセン / ハース / レーシングポイント