ストフェル・バンドーン F1 マクラーレン・ホンダ
ストフェル・バンドーンは、F1バルセロナテスト最終日にマクラーレン・ホンダ MCL32で67周を走行し、7番手タイムとなる1分22秒576を記録した。

ストフェル・バンドーン (マクラーレン・ホンダ)
「フェルナンドと僕の二人ともが、大きな問題もなく、クルマで一日をフルに過ごせたのは本当に嬉しし、貴重なマイレージを十分に稼ぎ、2日間とも予定していた走行プランを終えることができた」

「多くの異なるものを試し、様々なセットアップに取り組んだ。全てのラップでクルマのハンドリングや特性について多くのことを学んでいるし、僕にとって非常に有益だ。ウェットテストが追加されたのも興味深かった。新しいレギュレーションの下、新しいタイヤで雨天用のセットアップを試したのは初めての機会だったからね。ウェット路面でもマクルマを快適に感じられた。それはチームに貴重なデータをもたらしたし、様々な路面コンディションでのクルマの反応について良い感触を得られた。今週は難しいスタートだったけど、この4日間のチームのハードワークにありがとうと言いたい。堅実な2日間の走行ができたし、進歩も遂げることができた。コース上の時間を最大限に生かすためのチームの努力を本当に誇りに思う。この勢いを維持して、来週は力強い週にしたい」

F1 バルセロナテスト 最終日:キミ・ライコネンがトップタイム
F1 バルセロナ 合同テスト

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ストフェル・バンドーン | ホンダ | マクラーレン