ストフェル・バンドーン MP4-32
ストフェル・バンドーンが、2017年F1マシン『マクラーレン・ホンダ MP4-32』のためのシート合わせを行った。

2017年にマクラーレン・ホンダからF1フル参戦するストフェル・バンドーンは、マクラーレン・テクノロジー・センターを訪れ、新シーズンに向けての今年最後のエンジニアリング作業を行った。

「ジェンソン、フェルナンドと一緒にHonda Thanks daysのために日本に行っていたのでかなり忙しかった。数日間、友人とゆっくり過ごしたけど、主にMTCにいて、チームのための最終準備に励んでいた」とストフェル・バンドーンはコメント。

「シート合わせ、エンジニアリングミーティング、シミュレーター作業のためにファクトリーに行った。それらはシーズン末にやる必要のある最後のことだった。このあとはクリスマスと新年の休日をリラックスして過ごすつもりだ」

ストフェル・バンドーンは、F1でのレースナンバーとして“カーナンバー2”を選択した。

「それを選んだのは2010年にF4ユーロカップ 1.6でシングルシーターでのレースをスタートしたときに最初に付けていたナンバーだったからだ。自分で選んだわけではなかったし、ただ与えられたナンバーだったけど、僕にとって良い一年だった。たくさんの勝利とたくさんの表彰台を獲得した。僕にとってポジティブな思い出があるんだ」

ストフェル・バンドーン、カーナンバーはF4時代の“2”を選択
ストフェル・バンドーン カーナンバー 2

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ストフェル・バンドーン | ホンダ | マクラーレン