トロ・ロッソ STR12
トロ・ロッソは、2017年F1マシン『STR12』を発表した。

トロ・ロッソは26日(日)、バルセロナのカタロニア・サーキットの ピットレーンで新車発表会を開催。ドライバーを務めるカルロス・サインツとダニール・クビアトがニューマシン『STR12』のアンベールを行った。

トロ・ロッソ STR12はカラーリングを一新。メタリックなブルーボディにシルバーでレッドブルの雄牛とロゴが入っている。まるでレッドブル缶のようだ。

その一方で、これまでマシンに描かれていたトロ・ロッソ独自の赤い雄牛のイラストは姿を消した。

昨年は1年落ちのフェラーリ製パワーユニットを搭載していたトロ・ロッソだが、今季マシンSTR12は、ルノーの最新版パワーユニットを搭載。中団グループで上位進出を目指す。

カラーリングは変更になったが、噂されたエンジンネーミングスポンサーの発表はなく、ルノー製F1パワーユニットとして紹介されている。

トロ・ロッソ STR12

トロ・ロッソ STR12 (フロント)トロ・ロッソ STR12 (リア)Toro Rosso STR12トロ・ロッソ STR12Toro Rosso STR12

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トロ・ロッソ | F1マシン