トロ・ロッソ STR12 カラーリング
トロ・ロッソは、2017年F1マシン『STR12』で伝統的なネイビーとレッドのカラーリングから離れる可能性があると報じられている。

2006年、レッドブルの買収の一部としてミナルディがトロ・ロッソに改名され、チームカラーはレッドブルのネイビーとゴールドを採用してきた。

しかし、報道によると、まだ発表されていないパワーユニットパートナーに関連して2017年はカラーリングが変更される可能性があるという。

2016年、トロ・ロッソはレッドブルとの契約を破棄して、1年落ちのフェラーリ製パワーユニットを搭載したが、今シーズンは再びルノのパワーユニットに戻る。

契約は昨年のモナコGPで発表されているが、トロ・ロッソはまだパワーユニットの呼称を発表しておらず、レッドブルがタグ・ホイヤーと結んでいるのと類似した契約がなされると考えられている。

トロ・ロッソは、来週の発表会まで秘密を保つことを望んでおり、カラーリング変更については否定も肯定もしていないという。

トロ・ロッソは、2月26日(日)にバルセロナで2017年F1マシン『STR12』を発表する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トロ・ロッソ