ロビン・フラインス
ケータハムは、F1イギリスGPの金曜フリー走行1回目に小林可夢偉に代わってロビン・フラインすが走行を行うことを発表した。

ロビン・フラインス (ケータハム)
「2014年マシンに戻るのはバーレーン以来だし、コックピットに戻って、再び果たす手助けをして、4月序盤からクルマがどれくらい発展してかを確認することに興奮している」

「2週間前にロシアのカザンで行われたシティ・レーシング・イベントで2010年マシンに乗った。クールだったけど、公式セッションで今シーズンのクルマはリアルな作業だし、金曜午前中はそれが全てだ。過去数レースはもちろんチームにとってかなり厳しかったけど、僕たちがオーストリアで進歩を果たしたのは明らかだし、シルバーストンでも同じことができると思う。レッドブル・リンクで土曜日と日曜日に走らせたセットアップからもっと多くのことを確認できるトラックだと思う。天気がいいことを願っている。イングランドでそれは決して保証されないけど、太陽が出ているFP1で2セットのタイヤを使えることは、僕にとってもチーム全体にとってもセッションを最大限に生かす助けになる」

関連:F1イギリスGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロビン・フラインス | ケータハム | F1イギリスGP