エイドリアン・ニューウェイ
レッドブルのデザイナーであるエリドリアン・ニューウェイは、今年のレギュレーション変更をうまく解釈する保証はないと語る。

2017年は、エンジン性能よりもシャシー効率が強調されると考えられており、専門家は“空力の鬼才”と称されるエイドリアン・ニューウェイの力が発揮されることになると予測している。

だが、エイドリアン・ニューウェイは、慎重な姿勢をみせている。

「レギュレーション変更があるときは、常に他チームよりもうまくレギュレーションを読み取るチームがいる」とエリドリアン・ニューウェイは Sky Sport にコメント。

「一般的に、リソースの大きなビッグチームの方がうまく読み取るものだが、前回大きなレギュレーション変更があった2009年はそうではなかった」

「ブラウンと我々が正しくそれを読み取り、フェラーリとマクラーレンはやや苦労した」

エイドリアン・ニューウェイは、経験に基づいた推測作業を含め、エンジニアリング面で正しい選択をすることが重要だと語る。

「クルマのディレクションと哲学に導かなければならないアイデアはたくさんある。我々はビッグチームのひとつだが、全ての手段を同時に検討するだけのリソースはない。『これが手段が我々が正しいと信じるものであり、我々が正しいと信じている。そこには他の誰かが採用する優れた手段や方向性が常にある』ということになる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル