ピレリ
ピレリは、今週バルセロナで2012年のF1タイヤをテストしている。

ピレリの公式テストドライバーを務めるルーカス・ディ・グラッシは、自身のTwitterでカタロニア・サーキットでテストを行っていることを明らかにした。

だが、2012年タイヤのフィーリングについては「申し訳ないけど、教えられない」と述べた。

F1チームは、11月中旬のF1アブダビGP後にヤス・マリーナで実際される若手ドライバーテストで2012年のコンパウンドを初体験する可能性がある。

「チームが望めば、2012年タイヤを使うだろう」とピレリのモータースポーツディレクターを務めるポール・ヘンベリーは述べた。

アブダビの若手ドライバーテストのラインアップもすでに明らかになってきている。

レッドブルは、ジャン・エリック・ベルニュを起用するが、姉妹チームのトロ・ロッソのテストシートは200,000ドルで販売していると Auto Motor und Sport は報道。

ウィリアムズは、テストドライバーのバルテリ・ボッタス、メルセデスGPはサム・バード、マクラーレンはゲイリー・パフェット、ザウバーはエステバン・グティエレス、フェラーリはジュール・ビアンキを起用するとされている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピレリ | ルーカス・ディ・グラッシ