MotoGP
MotoGPのオフィシャルテスト2日目が16日(水)、リカルド・トルモ・サーキットで行われ、初日に1番手だったマーベリック・ビニャーレスがトップタイムをマーク。最高峰クラス3年目に向けて移籍する新天地、モビスター・ヤマハ・MotoGPで総合トップ発進を決めた。

連日の好天候に恵まれたドライコンディションの中、YZR‐M1に対して順調に乗り換えを進めるマーベリック・ビニャーレスは、14度のコースインで76ラップを周回すると、1分31秒台を25回、1分30秒台を7回記録。

12度のコースインでは、公式予選の4番手タイム(1分30秒276)を上回る1分29秒975のトップタイムを刻んだ。

初日に4番手だったマルク・マルケスは、コースアウトからグラベルで転倒を喫したが、12度のコースインで最多の78ラップを周回すると、1分31秒台を最多の30回、1分30秒台を最多の17回記録して、0.196秒差の2番手に浮上。

初日5番手のアンドレア・ドビツィオーソは、0.468秒差の3番手。初日7番手のアンドレア・イアンノーネが、0.624秒差の4番手。初日10番手のダニ・ペドロサが、0.711秒差の5番手。初日6番手のカル・クラッチローが、0.734秒差の6番手。

初日2番手のバレンティーノ・ロッシは、12度のコースインで69ラップを周回すると、1分31秒台を18回、1分30秒台を3回記録して、0.734秒差の7番手。初日3番手のホルヘ・ロレンソは、13度のコースインで66ラップを周回すると、1分31秒台を17回、1分30秒台を1回、0.769秒差の8番手だった。

中量級からの昇格組では、ジョナス・フォルガーが0.973秒差の10番手に進出、ヨハン・ザルコが1.040秒差の11番手。アレックス・リンスは、6ラップ目の12コーナーで転倒を喫した際に背中を強打。精密検査を受けるために、バレンシア市内の病院に搬送された。アレックス・ロースは、初日の転倒が影響して走行をキャンセルした。

POS#RIDER NAMEGAP
125M. VIÑALES1:29.975
293M. MARQUEZ+0.196
34A. DOVIZIOSO+0.468
429A. IANNONE+0.624
526D. PEDROSA+0.711
635C. CRUTCHLOW+0.734
746V. ROSSI+0.734
899J. LORENZO+0.769
941A. ESPARGARO+0.910
1094J. FOLGER+0.973
115J. ZARCO+1.040
1243J. MILLER+1.094
1345S. REDDING+1.143
1419A. BAUTISTA+1.211
158H. BARBERA+1.269
1651M. PIRRO+1.841
1744P. ESPARGARO+1.878
1853T. RABAT+1.943
1976L. BAZ+2.186
2038B. SMITH+2.563
2150E. LAVERTY+2.593
2217K. ABRAHAM+2.724
2312T. TSUDA+3.330
2442A. RINS+3.786
NC22S. LOWES


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: MotoGP