メルセデス F1 オーストラリアGP
メルセデスは、最新スペックのF1エンジンを2017年の開幕戦オーストリアGPに投入することを確認した。

F1バルセロナテストで、メルセデスはF1エンジンのクランクシャフトに潜在的なトラブルを抱えていたと報じられており、それにより、最新スペックのパワーユニットの使用を延期することになるかもしれないとされていた。

しかし、メルセデスの情報源はその報道を否定。最終テストでルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスが評価していたアップデート版のエンジンをワークスチームとカスタマーであるフォース・インディアとウィリアムズに投入するという当初のプランを変えることはないとしている。

メルセデスは、今シーズンにむけてF1パワーユニットに大幅な変更を施しており、噂によるとダイナモ上で70馬力アップを生み出したとされている。だが、それはプレシーズンテストでのパフォーマンスには表れていなかったように思われる。

だが、メルセデスはF1バルセロナテストではまだ実戦投入に必要な確認が得られていない実験的なパーツを試すために保守的なモードで走っていたとされている。

今年からF1パワーユニット開発のためのトークンシステムが廃止され、新しいパワーユニットを投入する際に大幅なアップデートを施すことが可能になった。

メルセデスがテスト中にエンジンを保守的なモードで走らせていたとしたら、フェラーリがラップタイムで上回った理由、そして、メルボルンで状況は異ってくるかもしれない。同時に、メルセデスはまだエンジンをフルパワーで走らせることの不安を拭い切れていなかった場合、序盤戦ではフルポテンシャルは見られないかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: メルセデス | F1オーストラリアGP