マックス・フェスタッペン
メルセデスのモータースポーツ責任者を務めるトト・ヴォルフは、マックス・フェルスタペンと彼の父ヨスがドアをノックしてきたとき、チームにはフェルスタッペンを受け入れる方法がなかったため、レッドブルに行かせざるを得なかったと明かした。

「彼はカートで特別な子だった。その後、彼は劣ったクルマでの困難にも関わらず、F3選手権で勝った。エステバン・オコンは彼の敵だった。それが多くを物語っている」とトト・ヴォルフは Express にコメント。

「だが、そうだね、本当の試練はF1だ。今、我々は結果を目にしている。だが、我々には単純に彼のための空きがなかったし、レッドブルが彼のベストなオプションだった。我々は過去にはまったく失望していない。彼に関してはとても関心を持っていた」

「彼の居場所を見つけたかったが、我々にはルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグという完璧なドライバーペアがいたし、その二人のままでいるための論理的な根拠があった」

メルセデスとは対照的に、レッドブルはマックス・フェルスタッペンをジュニアドライバープログラムに加入させて2014年後半にF3で戦わせ、2015年にトロ・ロッソでのシートを与えた。

トト・ヴォルフは、F1で最も明るい見通しをもったマックス・フェルスタペンを失ったことに苦痛はないが、特別なジュニアドライバープログラムのおかげで、新世代の才能がF1への扉を開くことになったことを認める。

「おそらく、今は時代が変わっていているのかもしれない。お金がF1への道を舗装していた時代があったが、今は違っているように思う。レッドブルのジュニアプログラムだけでなくね」

「我々もそれを取り入れ、今は度胸のある5〜6人の若い才能がやって来ているのを目にしている。私の推測では、近い将来、我々は若手ドライバーの範囲が並はずれたものになる」

メルセデスは、パスカル・ウェーレインとエステバン・オコンを育成し、エステバン・オコンは2017年のフォース・インディアのシートを獲得した。

だが、メルセデスは引退したニコ・ロズベルグの後任としてパスカル・ウェーレインが準備ができているとは確信できておらず、決定を先延ばしにしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: メルセデスAMG | マックス・フェルスタッペン