マクラーレン ホンダ F1
マクラーレンは、ホンダのF1パワーユニットにトラブルが多発したプレシーズンテスト後にフェルナンド・アロンソとストフェル・バンドーンのモチベーションを管理するために異なるやり方を求められているとレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエは語る。

ホンダのF1パワーユニットの信頼性とパフォーマンスによってマクラーレンの2017年シーズンの準備は大きく妨げられ、二人のドライバーはフラストレーションを抱えている。

フェルナンド・アロンソはチームを妨げている“唯一の問題”はホンダだとメディアに対して名指しで非難している。

エリック・ブーリエは、経験豊富なF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソと若いチームメイトのストフェル・バンドーンを満足させておくためには異なるアプローチが必要だと述べた。

「二人のドライバーには異なる対応をしなければならない」とエリック・ブーリエはコメント。

「ストフェルはフレッシュで若く、これまでのようにモチベーションがあるので、彼がクルマにパフォーマンスがないことに失望していても、彼はリカバーでき、学ぶことができると伝える」

「フェルナンドの場合は、より多くの経験を積んでいるし、彼は競争的なクルマを望んでいる。そのことは彼もわかっている。これは私が言い続けていることだが、彼は初日からプロジェクトを知っており、全てを知っている。状況がどうなっているか、どのように発展し、我々がどこに進んでいるのか知っている」

「彼の忍耐は彼の期待がベースになっている。だが、彼は何が起こっているかについての全景が見えている」

マクラーレンは、ホンダとの契約解消を見越して、メルセデスにF1エンジン供給を打診したと報じられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン | ホンダ