マクラーレン ホンダ F1
マクラーレンのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエは、ホンダの問題の一部は彼らにF1文化が欠如しているからだと考えている。

ホンダの新型F1パワーユニットはプレシーズンテストでトラブルが多発。契約解消の噂が後を絶たない。

「彼らは競争的なパワーユニットを造ろうとしている。だが、彼らにはF1文化が備わっていない」とエリック・ブーリエは説明。

「彼らは大手の成功した企業であり、彼らには彼ら自身のやり方がある。日本でパワーユニットを考案することはチャレンジだ。メルセデスがイングランドで彼らのエンジンを造ることに決めたのはそれが理由だ」

「我々はより大きな知識伝達を必要としている。彼らはF1文化を理解し、全てのレベルでそれを統合させる必要がある。F1が動くのと同じくらい速く、開発を早める必要がある。プロセス、達成の両面が検討される必要がある」

一方、 Sky Sports は、ホンダのパワーユニットのトラブルはシャシーからの“予想外の振動”がパワーユニットの故障の原因を生じさせたと報道。

「エンジンの問題は何か? ここまで探り出せた限りでは、問題は振動であり、かなり多くの振動が、それが、左、右、中心へと急に飛び出させ、電気に影響を及ぼしている」と報じた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン | ホンダ