フェリペ・マッサ 「103周走れたのは悪くない」

2017年2月28日
F1 ウィリアムズ FW40
フェリペ・マッサは、バルセロナテスト初日にウィリアムズ FW40で103周を走行し、3番手タイムとなる1分22秒076を記録した。

フェリペ・マッサ (ウィリアムズ)
「今日は良い一日だった。テスト初日はいつだってクルマのすべてがうまく機能し、信頼性があることを願いながら臨むものだけど、103周を走れたことは悪くないと思っている」

フェリペ・マッサ、引退表明直後のF1復帰は「ちょっと変な感じ」

2017年2月20日
フェリペ・マッサ
フェリペ・マッサは、F1引退表明から数カ月で復帰することになったのは「ちょっと変な感じ」だと語る。

昨年の母国ブラジルGPでは熱狂的なファンからスタンディングオベーションを受け、F1に別れを告げたフェリペ・マッサだったが、ニコ・ロズベルグの電撃引退とバルテリ・ボッタスのメルセデス移籍により、ウィリアムズからF1の世界に呼び戻された。

フェリペ・マッサ、日本のファンにメッセージ

2017年2月12日
フェリペ・マッサ
フェリペ・マッサが、鈴鹿サーキットで開催される「2017モータースポーツファン感謝デー」に出席できなくなったことを受け、日本のファンにメッセージを送った。

昨年末、F1引退を表明したフェリペ・マッサは、3月4・5日に開催されるイベントへの参加を快諾。しかし、ニコ・ロズベルグの引退に伴ってバルテリ・ボッタスがメルセデスに移籍してことで、計画を変更して2017年もウィリアムズで走るという決断を下した。

フェリペ・マッサ、フォーミュラEカーで初走行 「これまでと全然違う」

2017年2月5日
フェリペ・マッサ フォーミュラE
フェリペ・マッサは、ジャガーのフォーミュラEカーをテスト。これまでのキャリアで経験したマシンと“全然違った”とその印象を語った。

テストはスペインで実施。フェリペ・マッサは、ウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングとパートナーシップを組むパナソニック・ジャガー・レーシングのフォーミュラEカーを丸一日走らせた。

フェリペ・マッサ、ジャガーのフォーミュラEカーをテスト

2017年1月28日
フェリペ・マッサ フォーミュラE
フェリペ・マッサは、来週、ジャガーのフォーミュラEカーをテストする。

フェリペ・マッサは、F1引退を撤回してメルセデスに移籍するバルテリ・ボッタスに代わってウィリアムズで走ることが決定する前、フォーミュラEに参戦する願望があることを明らかにしていた。

実際、フェリペ・マッサは、フォーミュラEのあるチームとの契約に合意していたと報じられている。

フェリペ・マッサ、F1引退撤回もプレゼントされたF1マシンは確保

2017年1月22日
フェリペ・マッサ
2017年にF1グリッドに戻ることになったフェリペ・マッサだが、引退時にプレゼントされたウィリアムズのF1マシンを返す必要はないようだ。

昨年末、フェリペ・マッサがF1引退を表明したことで、ウィリアムズは2016年のF1ブラジルGPを戦ったF1マシンをフェリペ・マッサにプレゼントした。

しかし、その後、バルテリ・ボッタスがメルセデスに移籍したことで、ウィリアムズはフェリペ・マッサに引退撤回を要請した。

フェリペ・マッサ、鈴鹿のファン感謝デーへの出演をキャンセル

2017年1月20日
フェリペ・マッサ 2017モータースポーツファン感謝デー
フェリペ・マッサが、「2017モータースポーツファン感謝デー」への出演をキャンセルしたことが発表された。

昨年、F1引退を表明していたフェリペ・マッサは、2017年3月4日(土)・5日(日)に鈴鹿サーキットで開催される「2017モータースポーツファン感謝デー」へ出演することが決定していた。

ウィリアムズ 「フェリペ・マッサに引退撤回を頼むのは気が引けた」

2017年1月19日
フェリペ・マッサ
クレア・ウィリアムズは、F1から引退するという決断を翻すフェリペ・マッサに頼むことに気が引けていたことを認めた。

ウィリアムズは、12月のチームのクリスマスパーティーの直後にフェリペ・マッサに連絡したが、フェリペ・マッサは復帰を快諾。マッサはF1を離れたかったというよりも、競争力のあるF1シートが空いていないことをわかったため、引退を選んでいた。

フェリペ・マッサ Q&A:ウィリアムズでのF1復帰について

2017年1月17日
フェリペ・マッサ
フェリペ・マッサは、メルセデスに移籍したバルテリ・ボッタスに代わって、F1引退を撤回して2017年にウィリアムズでF1を戦うことが決定した。

昨シーズン末、あなたはF1から引退する適切な時間だと感じたと言っていました。何が変わったのですか?
どこかでレースをするというのが、ずっと僕の意向だった。僕はまだレース、そして競争への情熱を持っているからね。それにウィリアムズに対して強い愛情がある。この3年間、チームと楽しんできたからね。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム