パスカル・ウェーレイン
マノーのレースディレクターを務めるデイブ・ライアンは、パスカル・ウェーレインがF1パドックの4分の1からネガティブに受け取られていることに困惑している。

2015年のDTMチャンピオンであるパスカル・ウェーレインは、5度のQ2進出、F1オーストリアGPで10位に入賞して2年ぶりにマノーにポイントをもたらすなど、今年のベストルーキーと言える活躍をみせた。

しかし、フォース・インディアは、2017年のドライバーとして同じメルセデスの育成ドライバーであるエステバン・オコンを選んだ。

自分が採用されなかった説明をフォース・インディアに求めたパスカル・ウェーレインは、2015年のチームとのテストでの態度が受け入れられなかったと伝えられた。

「パスカルについて意見を持っている人もいるが、それは間違っている」とデイブ・ライアンは Autosport にコメント。

「本当に素直な男だし、彼は本当に一生懸命に頑張っている。彼は信じられないくらい優秀だ」

「人々は彼が傲慢だと言っている。だが、これまで私はそのようなものをまったく見ていない。彼にインタビューしたされもが『なんて愉快な若者だろう』と言って帰っていく」

「5分、いや2分彼と話せば、すぐに彼が素晴らしい人間であることがわかると思う」

「彼は傲慢ではない。彼は仕事に完全に集中しているだけだ」

ニコ・ロズベルグがF1引退を発表した際、まだシートが決定していないパスカル・ウェーレインにグリッドで最高のシートを得るチャンスが突然舞い降りてきた。パスカル・ウェーレインはピレリの2017年F1タイヤでもっと走り込んでいる。

だが、メルセデスはニコ・ロズベルグの後任としてバルテリ・ボッタスを起用することが濃厚だとみられている。

バルテリ・ボッタスがメルセデスに加入した場合、パスカル・ウェーレインには、ザウバーに移籍するか、マノーにもう一年留まるかという選択肢しかなくなる。

「パスカルの才能は巨大だ。それに対して疑いはない」とデイブ・ライアンはコメント。

「彼は素晴らしいレース技術、周りに起きていることについて素晴らしい認識度を持った素晴らしいレースドライバーだ。我々は彼に本当に満足している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マノー | パスカル・ウェーレイン