BMW ル・マン24時間レース
BMWは、2018年にル・マン24時間レースに復帰することを発表した。

BMWは、IMSAスポーツカー選手権に参戦する既存のM6 GT LMをWECとIMSAの両方に参戦できるGTEカーに入れ替える。

BMWがWECとして生まれ変わったシリーズに参戦するのは初めてとなり、ル・マン24時間レースは2011年以来の参戦となる。

BMWは、WECの前身であるインターコンチネンタル・ル・マン・カップのプログラムの一環として、2010年と2011年にM3 GT2でル・マン24時間レースに参戦していた。

ル・マン24時間レースへの復帰は、アンドレッティ・フォーミュラEチームとのパートナーシップ、DTMへの参戦継続を含めたBMWのモータースポーツ活動の“戦略的な再編成”として発表された。

WECへの参戦は、GT4カテゴリーへのM4の導入を含めたGTレーシングへの新たなコミットメントの一部となる。

BMWのモータースポーツ責任者イェンス・マルクヮルトは「2018年シーズンからスタートし、我々はGTレーシングでの活動をさらに拡張し、IMSAスポーツカー選手権と同様にWECへの参戦を望んでいる」とコメント。

「WECの順調な発展ぶりは、GTレースに大きな将来があることを確信させている」

GTレーシングは“カスタマー用レース分野のさらなる拡大へのモチベーション”を提供するとイェンス・マルクヮルトは続けた。

「我々のレンジは、すでにBMW M6 GT3の成功によって先導されている」とイェンス・マルクヮルトは説明。

「2018年、我々はGT4クラスでもBMW M4 GT4で参戦する。現在、ちょっとしたブームを経験している」

BMWは、IMSAに参戦するM6 GT LMの代わりとなるマシンの詳細はまだ発表していない。M6 GT3のアップグレード版で参戦するためには、IMSAとGTル・マンのBMWのライバルによって許可されなければならないが、それだとWECへの参戦資格はなくなる。

選択肢として、5シリーズ、6シリーズ、7シリーズで使われる共通プラットフォームをベーストとしたMブランドのマシン、またトヨタと共同開発されているZ5が考えられる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ル・マン24時間レース | BMW | WEC (FIA世界耐久選手権)