ホンダ F1
ホンダは、今後マクラーレン以外のチームへのパワーユニット供給に前向きな考えを示している。

昨年からマクラーレンに独占的にパワーユニットを供給しているホンダだが、2017年から導入される新ルールでは、複数チームに供給を可能とする必要がある。

だが、マクラーレンのロン・デニスCEOは、ホンダが他チームへパワーユニットを供給することを頑なに拒んでいる。

ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介は、複数チームへパワーユニットを供給することにメリットがあると考えている。

「もし我々にそうする力があるのであれば、2つ目のチームへの供給を拒む理由はないでしょう」と長谷川祐介は Auto Motor und Sport にコメント。

「そうすれば、データも経験も増やせますし、さらに短時間で学ぶことができるようになります」

「しかし、現在の我々の状況では、我々のエンジンを望むチームは多くはありませんし、それぞれのチームがすでにエンジンを有しています」

「しかし、我々も組織の拡大を計画しています。ですから、興味を持つところがあれば、2つ目のチームに供給することもできるでしょう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダ | マクラーレン