フェラーリ F2012
Ferrari F2012
フェラーリの2012年F1マシン「F2012」。特徴はなんといっても“カモノハシノーズ”と呼ばれる段差ノーズ。2012年のF1マシンのトレンドとも言えるこの“醜い”デザインを採用したF2012のパフォーマンスに注目が集まる。

またフェラーリ F2012のサスペンションには10年以上の哲学を破ってレッドブルが復活されたプル・ロッド式サスペンションを採用。ホイールは新たにOZ製のホイールが装着される。

フェラーリ F2012 主要諸元

シャシーカーボンファイバー、ハミカムコンポジット構造
ギアボックスフェラーリ製縦置
ディファレンシャルリミテッドスリップ・ディファレンシャル
トランスミッションセミオートマチック・シーケンシャル電子制御ギアボクッス(クイックシフト)
ギア数7速+リバース
ブレーキブレンボ製ベンチレート・カーボンファイバー・ディスクブレーキ
サスペンション独立懸架サスペンション、前後ともプルロッド式トーションスプリング
重量640kg
ホイールOZ製13インチ(前後)

エンジン

形式056
気筒数8
Vアングル90度(鍛造アルミニウム)
バルブ数32
バルブ駆動圧搾空気式
排気量2,398cc
ピストン口径98mm
重量95kg
燃料シェル製Vパワー
潤滑油シェル製

フェラーリ F2012 フロント画像 フェラーリ F2012 サイド画像 フェラーリ F2012 俯瞰画像

関連:フェラーリ、F2012を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ | F1マシン