ジャン・アレジとジュリアーノ・アレジ
ジャン・アレジは、フェラーリがイタリア出身のアントニオ・ジョビナッツィと2017年のリザーブドライバー契約を結んだことを歓迎している。

「素晴らしいことだ」とジャン・アレジは La Gazzetta dello Sport にコメント。

「だが、フェラーリがそのような機会を逃していたら、驚いていただろう」

「ジョビナッツィは、最近では珍しい、競争のある青年だ。だが、とりわけ、彼は優れたドライバーだ」
「彼は初のGP2シリーズでタイトル目前だった。今のかれはあと数キロ必要なだけだ」

もう一人のフェラーリ・ジュニアには、ジャン・アレジの17歳の息子ジュリアーノがいる。だが、ジュリアーノ・アレジは今年もGP3で2年目のシーズンを迎える。

「(フェラーリ)アカデミーと仕事をすることは保証だ」とジャン・アレジは語る。

「ジュリアーノは焦らずに成長していくことができる」

だが、息子が今年ブレークスルーを迎えて、F1カーをテストすることになったらとの質問にジャン・アレジは抵抗感を示した。

「必要に応じて、私はボックスの出口で横たわるよ!」とジャン・アレジは叫んだ。

「今のところ、ジュリアーノはGP3のことだけ考えていればいい」

「彼がF1カーに乗りたいのであれば、家に一台あるので、乗ればいい。写真を撮ってやるよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ