フェラーリ 2017 F1マシン カラーリング
フェラーリは、未勝利に終わった昨シーズンから立ち直るために2017年F1マシンの多数のエリアで全面的な見直しを図るとみられている。

空力を含めたレギュレーション変更により、F1マシンが大きく変更になる2017年。フェラーリではコードネーム「668」と名付けられたF1マシンを開発が進められている。

フェラーリのパワーユニット062/2は、MGU-Hをより生かすために内燃機関を改良。ハイブリットシステムの効率を上げ、不安定だったターボチャージャーのリスクを低減させることを目指している。

燃焼室では、技術カンパニーでありマーレとの提携を強化し、新しいマルチジェット点火システムへの切り替えが検討されているとされている。

ディファレンシャルとギアボックスの間にリアサスペンションを配置するという2016年のコンセプトからトラクションを改善するべく、ギアボックスも改良され、よりコンベンショナルなものに戻るとされている。同時にフロントサスペンションもメルセデスが採用したレイアウトに類似したものになるという。

風洞では、“珍しい”形状のマシンが走っているとされているが、フェラーリはいくつかのサプライズを特徴とするマシンについて口を堅く閉ざしている。

また、一部のスタッフは、マシンカラーリングがフェラーリの歴史の多くの悪い時代と関係していると考えており、2016年に復活したカラーリングの白の部分が廃止されるという。フェラーリは、白を特徴としたカラーリングを採用した1993年、そして2016年に未勝利に終わっている。

フェラーリは、2月24日(金)に2017年F1マシンを発表する。

フェラーリにとってホワイトは不吉なカラー?
フェラーリ ホワイト 不吉

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ