エステバン・グティエレス
エステバン・グティエレスは、2017年にF1でテストドライバーとして残る“トップチーム”と交渉中だと述べた。

昨年、ハースでF1レースに復帰する前に、エステバン・グティエレスはフェラーリのリザーブドライバーとして2015年を過ごしている。

エステバン・グティエレスは、ハースでポイントを獲得できず、2017年のシートをケビン・マグヌッセンに奪われた。

今年はフォーミュラEに参戦する予定のエステバン・グティエレスだが、“F1のドアはまだオープン”だとし、テストドライバーになるためにビッグチームのひとつと交渉していると述べた。

「テストドライバーとしてF1にいるオプションがあるし、それを評価している」とエステバン・グティエレスはコメント。

「まだドアは開いている。幸い、僕は多くの人と良い関係を築いているし、それは年月を通して深まっている」

「特定のチームに集中している。それはトップチームのひとつだ」

エステバン・グティエレスは、2014年末にザウバーのシートを失った後、グリッドに戻るためにフェラーリのリザーブドライバーになることに合意した。もし、類似した結果を成し遂げることができれば、再び同じルートを辿ることができると考えている。

「タイミングが重要だ。多くのことに取り組んでいるし、これが将来にむけて意味のあるオプションがどうかを決める必要がある」

「もちろん、昨シーズン末のハースの決定のタイミングは僕にとって理想的ではなかったし、現在、キャリアのため、成長し続けるというビジョンを発展させられるためのオプションを検討している。ただF1パドックにいるためだけにやりたくはない。意味のあることをしたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: エステバン・グティエレス