ジェンソン・バトン
ジェンソン・バトンが、先週末のF1アブダビGPの直前にF1キャリアについてエディ・ジョーダンとトークをした。

ジェンソン・バトンは17年のF1キャリアで、合併したベネトンとルノー、ホンダとブラウンGPを含め、4つの異なるチームで走った。だが、2009年のワールドチャンピオンにはいくつか走ってみたいと思うチームがひとつあった。

「正しい状況であれば、もちろん、フェラーリで走ってみたかったね」とジェンソン・バトンは述べた。

「僕がF1にたどり着いたときにドライブしたかったのは、ウィリアムズ、フェラーリ、マクラーレンの3チームだった。僕はそのうちの2チームでドライブした」

「ある時点でチャンスはあったけど、僕はこれが最高の場所だと思ったんだ」

2000年にグランプリレーシングに足を踏み入れたジェソン・バトンは、若手ドライバーのトレンドを作った。

しかし、ジェンソン・バトンは10年前よりも今の時代の方が簡単だと考えている。

「最高があれば、より簡単だ。僕がF1にたどり着いたときは経験がなかった。クルマをどのようにセットアップすればいいかわからなかった。フォーミュラ・フォードで1年、F3で1年過ごしてF1に入った」

「シミュレータはなかったし、まったくデータもなかった。今、ドライバーはシミュレーターで何時間も走れるし、僕が聞いた限り、ストロールのように彼自身のテストチームがいたりする。彼は2年落ちのウィリアムズで一人で全てのサーキットを周ったらしいね・・・」

「当時、僕たちにはそのようなものはなかったし、慣れない仕事に急に放り込まれた。ウィリアムズで僕たちのエンジンはブローしまくっていた。1周したらブローしていたし、最初のレースではスーパーラインセンスさえ持っていなかったんだ!」

【動画】 ジェンソン・バトン:忘れられない3つのレース
ジェンソン・バトン 動画

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジェンソン・バトン