アルファタウリF1残留決定の角田裕毅 「よりコントロールできている」
角田裕毅は、F1での2 シーズン目でフィジカルとメンタルの準備ができたと考えており、2021年のルーキーキャンペーンと比較して、レースの週末に向けて「よりコントロールでき、リラックスしている」と感じていると語った。

2023年にアルファタウリF1に残留するという発表を受けて、角田裕毅はチームのポッドキャスト Tauri Talk で、チームでの最初のシーズンから最も改善したと感じる場所について語った。

「まあ、お腹を見せれば違いは一目瞭然だと思いますけどね!」と角田裕毅は冗談を語った。

「一番違うのはフィジカルだし、ドライビングに関してはほんの少しだと思います。ただ、ドライビングに関しては、どのようにアプローチしていくか、メンタルの部分は確実に強くなったと思います。レースウィークでは、よりコントロールできているし、よりリラックスできています」

「昨年はより多くの状況を経験したので、ほとんどの状況に対処する方法を分かっています。そして、それらの部分は、レースウィークに向けて昨年よりも確実にアドバンテージがあります。それらが僕が感じている部違いだと思います」

一方、角田裕毅はジムでのトレーニングを軽視しているとよく言われていた。

「(2022年に向けて)行った準備は昨年よりもはるかに多いですし、その恩恵とパフォーマンスの向上を確実に感じています。まだ、そこは好きではないですけど、レースでいいパフォーマンスができることもわかっているので、このまま続けていきます」

一方、角田裕毅は、自分の将来をめぐる不明確さがここ数週間の彼に影響を与えたかと質問された角田裕毅は「レースでは、ヘルメットをかぶったり、モノコックやシャーシに入るとすぐに、そのようなことは忘れてしまいます。それが僕の強みだと言えます。でも、レース以外では、特に最後の3~4 ラウンドは少し邪魔になっていました」と語った。

「でも、そういものですし、昨年に比べて自信があるので、自分のパフォーマンスにこだわっていたと思います。チームを助けることに集中していました。残りのシーズンも目標は変わらないので、契約発表後は間違いなく気分が良くなるでしょう」

角田裕毅 F1 スクーデリア・アルファタウリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / アルファタウリ