角田裕毅、ストロールとのクラッシュは「僕の責任ではなかった」 F1カタールGP 記者会見
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅は、F1ブラジルGPでのランス・ストロールとの接触は自分に非はなく、10秒ペナルティという裁定は間違いだと考えている。

F1ブラジルGPの4周目に角田裕毅はターン1でランス・ストロールのインサイドを突いたが、両者は接触。スチュワードはこの接触は角田裕毅に非があるとして、10秒ペナルティと2点のペナルティポイントを科した。

接触でフロントウイングを破損したランス・ストロールも、角田裕毅の仕掛けは「やけくそで楽観的」だったと非難していた。

角田裕毅は、オーバーテイクはリスキーなものだったことを認めるるも、ランス・ストロールもミラーを確認していなかったと指摘。「10秒ペナルティは馬鹿げていると思う」と語った。

F1カタールGPの記者会見で、角田裕毅は「あれは僕のせいではないと思っています」と語った。

また、F1メキシコGPのオープニングラップでバルテリ・ボッタスに接触したダニエル・リカルドがお咎めなしだったことを例に挙げた。

「10秒は厳しすぎると思います。メキシコGPの1周目のターン1でのボッタスとの接触に比べれば、5秒でも厳しいと思います」と角田裕毅は語った。

「僕は(リカルドとは異なり)タイヤをロックさせてはいません。イン側の縁石に留まっていましたし、僕にはスペースがありませんでした」

「行き場はありませんでしたし、どういうわけかストロールは通常の走行ラインを取ってドアを閉めてきました」

「その結果、衝突し、僕はマシンにかなりのダメージを負いました。今でもあれはまったく僕の責任ではなかったと考えています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / ホンダF1 / アルファタウリ / F1カタールGP