角田裕毅、キミ・ライコネンにコース上でのスピンで“初めましての挨拶” / F1動画
アルファタウリ・ホンダF1のキミ・ライコネンは、キミ・ライコネンに初めて挨拶したのは、F1プレシーズンテストでのスピンの最中だったと冗談交じりに語った。

角田裕毅は、F2を1年で卒業し、今年アルファタウリ・ホンダのF1ドライバーに就任。バーレーンでのF1プレシーズンテストでは、終了間際にマックス・フェルスタッペンとファステストラップを出し合って2番手タイムをマーク。

もちろん、テストでのタイムは真のポテンシャルを代表するものではないが、角田裕毅のホットラップは世界中のF1ファンに強烈な自己紹介となった。

以前、角田裕毅は、F1で最も経験のあるキミ・ライコネンを戦うことを楽しみにしているドライバーのひとりに挙げていた。

角田裕毅とキミ・ライコネンは、初めてましての挨拶は、角田裕毅がアルファロメオに気を取られてスピンを喫したときだった。

「前にクールダウンラップをしているマシンがいました。ダウンフォースを失って、今日は追い風だったと思います。強風に当たって、大きな不意打ちを喰らって、スピンしていまいました」

「キミだったと思います。挨拶して、戻ってきました。まだ会っていませんが、ようやくコース上で挨拶することができたので良かった」

角田裕毅は、アルファタウリ・ホンダ AT02のパフォーマンスに非常に満足していると語る。

「最終日は本当に良かったです」と角田裕毅は付け加えた。

「順調に進んでおり、問題はありません。自分のドライビングに集中しましたが、とても良かったです」

「この2日間は少し運が悪かったのですが、今日はすべてをまとめることができました。メカニックとホンダは本当に本当に良い仕事をしてくれたと思うます。問題はありませんでした。セッションを通して本当に快適に走れましたし、91周を走り込むことができました。本当に良いテストでした」
「最も柔らかいC5タイヤは間違いなく楽しかったです。以前に経験したことのないような大きなグリップでした。イモラやミサノでテストしていたときでさえ、グリップははるかに少なかったし、楽しかったです」

「今日は、学習、自分のドライビング、そして特にタイヤに関して本当に楽しい一日でした。フルレースシミュレーションとタイヤマネジメントもできました。良い進歩を果たせたと思いますし、バーレーンGPにむけて良いデータを揃えることができました」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / ホンダF1 / F1動画 / アルファタウリ