「アルファタウリ・ホンダF1は角田裕毅を高く評価している」と関係者
角田裕毅は、F1スーパーライセンスを取得することができれば、2021年にF1に昇格することが濃厚とされている。角田裕毅は、すでにアルファタウリ・ホンダF1でテストを行っており、アルファタウリのチームボスに大きな印象を与えていると関係者は語る。

F1エミリア・ロマーニャGPの後、角田裕毅はイモラ・サーキットでアルファタウリ・ホンダとともにテストを実施。2年落ちのマシンで約350kmを走行し、フリー走行に出走するために必要な条件を満たした。

元レーシングドライバーで RTL のレポーターを務めるアラード・カルフは、アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは角田裕毅を本当に気に入っていると F1aan Tafel に語る。

「将来、彼がマックス・フェルスタッペンのようになれるかどうか疑問だが、それは時が経てばわかるだろう。マックスはアルトサイダーだが、角田がどうかはわからない。だが、私は彼に大きな期待を寄せている。フランツ・トストとの電話でもそれがわかった」とアラード・カルフはコメント。

「フランツは、私にクリスマスプレゼントは届いたかと聞いてきた。それは彼と賭けをして私が受け取ったものだ」

「その後、裕毅の状況はどうなっているかと聞いてみた。彼は文字通り『アラード、彼は本当にいい』と言っていた。フランツがそういういう場合、彼はその件について見解を持っている。今回は裕毅のF1デビューは実現すると確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / ホンダF1 / アルファタウリ