ウィリアムズF1が勝訴 元スポンサーのROKiTに43億円の支払い命令
ウィリアムズ・レーシングは、元スポンサーののROKiTとの裁判に勝訴。ROKiTは、ウィリアムズF1チームに3220万ドル(約43億円)以上を支払うよう命じられた。

ウィリアムズは、2019年のF1シーズンの開始に先立ち、電気通信会社のROKiTとタイトルスポンサー契約を結んだ。さらにシーズン途中に契約は2023年末まで延長された。

しかし、2020年5月、F1の新型コロナウイルスの影響を受けたシーズンが始まるわずか1か月前にウィリアムズは突然ROKiTとのスポンサー契約を終了した。

当時、ウィリアムズは、パートナーが契約上の義務を履行しておらず、350万ポンドから500万ポンドの分割払いを差し控えていたため、そうする理由があったことを示唆した。

今年の1月初旬、ウィリアムズとROKiTの間の訴訟を仲裁するロサンゼルスの連邦裁判所は、ウィリアムズの主張を認め、ROKiTに3,578万ドルの支払いを命じた。

だが、ROKiTはこの問題をさらに追求し、両当事者間の訴訟を長引かせた。

しかし木曜日にクリスティーナ・A・シンダー判事が主宰するカリフォルニア州中部地区連邦地方裁判所は、ROKiTが再びウィリアムズに26,220,094.25ポンド、つまり、約3220万ドル(約43億2500万円)を支払う責任があるとの判決を下した。

また、ROKiTは、ウィリアムズ・レーシングの訴訟費用を賄うために100万ポンドを支払わなければならない。

ROKiTは、昨シーズンのインディカーでA.J.フォイトのスポンサーを務め、モータースポーツでの活動を続けている。また、同社は、フォーミュラEでベンチュリのサポートを継続する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / F1スポンサー