ウィリアムズF1代表 「デ・フリースがこれくらいやれることは知っていた」
F1イタリアGPで非常に印象的なF1デビューでさえ、ニック・デ・フリースが2023年にフルタイムのF1シートを獲得できるとは限らない

ピットレーンを行き来するこのスポーツで最もベテランのオペレーターであるウィル・バクストンは、27歳のニック・デ・フリースが突然のF1の機会に対処した方法に拍手を送った。

ウィリアムズのレギュラーであるアレックス アルボンの虫垂炎についての電話が鳴ったのは、ウィル・バクストンが、金曜日にアストンマーティンF1でFP1に出走した翌日にニック・デ・フリースと一緒にF1 TVのショーに備えて「カプチーノを飲みながら F3 の表彰台を眺めていた」ときだった。

その後、ニック・デ・フリースは苦戦しているチームメイトのニコラス・ラティフィをすぐに追い抜き、日曜日のF1イタリアGPでデビュー戦で2ポイントを獲得した。

インラップで、ニック・デ・フリースは、ウィリアムズのエンジニアに『腕が完全に死んでいる』と話し、メカニックによって車から引き抜かれた。

ニック・デ・フリースのキャリアを強力にサポートしてきたメルセデスのトト・ヴォルフは、「ニキ(ラウダ)なら脱帽していただろう」と語った。

「まだ空席があるチームの1つが今彼を迎えに行かなければ、私はもう世界を理解できない」

ただし、それが実際に起こるかどうかは、まったく別のことだ。

ニック・デ・フリースの最も明白な場所は、ニコラス・ラティフィと交代してウィリアムズに加入することだ。

ウィリアムズF1のチーム代表を務めるヨースト・カピートは、モンツァがその役にぴったりのオーディションだったかどうか質問された。

「もちろん、そのように言える」とヨースト・カピートは De Telegraaf に語った。

「私は彼がこれくらいできることをすでに知っていた」

「シートは多くの要因に左右されるが、ニックは確かにパドック全体に彼の実力を示した」

しかし、元F1ドライバーで現在はF1オランダGPのボスであるヤン・ラマーズは、ウィリアムズが2023年に向けて別の計画を持っているのではないかと疑っている。

「で・フリースはルクレールのようなドライバーとレースをしていたが、彼は彼らに劣っていなかった」とヤン・ラマーズはNOSに語った。

「傍観者として見なければならなかったのは痛かったに違いない」

「論理的にも常識的にも、アルボンとデ・フリースは素晴らしいコンビになると言われているし、彼が来年ウィリアムズでドライブしても驚くことではないだろう」

「しかし、彼らはすでに他の誰かと契約を結んでいるような印象を受ける」

ヨースト・カピートもそれを否定しない。

「ニックのことは以前から知っていて、友人だ」とウィリアムズのボスは語った。

「彼は常にリストに載っているが、他にも義務があるので、彼次第だ

「彼は自分の将来がどうなるかを見る必要があり、そこから我々は進めていく」

しかし今のところ、ニック・デ・フリースができる最善のことは、アレクサンダー・アルボンの回復を待ちながら2週間後にシンガポールに旅行することだ。

「アレックスは全身麻酔下にあり、それに対する反応は人によって異なります」とヨースト・カピートは語った。

「医師は彼がシンガポールに適応する可能性は十分にあると理解しているが、ニックは少なくともリザーブドライバーとしてそこにいるだろう」

ニック・デ・フリースは、空席のあるアルピーヌF1チームが獲得を検討しているとも報じられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / ニック・デ・フリース