ウィリアムズF1代表 「アレクサンダー・アルボンはチームリーダーを担える」
ウィリアムズF1のチーム代表を務めるヨースト・カピトは、2022年にアレクサンダー・アルボンが、ジョージ・ラッセルが残したチームリードのマントを引き継ぐことができると語る。

元レッドブルのF1ドライバーであるアレクサンダー・アルボンは、友人でライバルのジョージ・ラッセルがメルセデスF1に昇格した後釜としてウィリアムズF1に加入。F1で2度目のチャンスを掴み取った。

ジョージ・ラッセルは、ウィリアムズF1との3年間で予選とレースの直接の記録をほぼ独占してきた。アレクサンダー・アルボンは、F2時代にチームメイトだったニコラス・ラティフィと再会する。

ウィリアムズF1のチーム代表を務めるヨースト・カピトは、ジョージ・ラッセルのチームでの成功を考えれば、後釜として高い期待に応えなければならないが、アレクサンダー・アルボンは良い仕事ができると“確信”していると語る。


「我々はチームリーダーを失っている。彼は3年間でその役割に成長したと思う」とヨースト・カピトはジョージ・ラッセルについてGPFansに語った。

「彼はとても強い性格で、とても素晴らしいドライバーだ。彼はこれからドライブするすべてのチームを率いると確信している。最初からではないかもしれませんが、彼はその立場に成長しているし、この点で本当に素晴らしい」

「彼は、すべてのチームプリンシパルにとってチームをさらに発展させるための優れた相手役だ」

「したがって、我々は本当に素晴らしいチームリーダーを失ったことになるが、アレックスという同じ役割に自分自身を成長させることができる本当に良いドライバーを獲得できたと確信している」

ジョージ・ラッセルのメルセデスF1への移籍が発表された後、2022年のウィリアムズF1のドライバー候補はたくさんいた。ほとんどのF1チームは昨年のラインナップを維持することを選択している。

しかし、他の候補者の中からアレクサンダー・アルボンを選択したことに関して、ヨースト・カピトは、彼の性格と労働倫理が2022年のウィリアムズF1にとって有益であると説明した。

ウィリアムズF1のチームアドバイザーを務めるジェンソン・バトンも、アレクサンダー・アルボンとチームが「一緒に成長する」ことができると同意している。

「彼は非常にチーム志向だ」とヨースト・カピトは説明した。

「F1ドライバーならば、大きなエゴを持っている必要があると思うが、それでも非常にバランスが取れているし、彼は再びレースをすることに非常に興味があり、非常にハングリーだ。彼のパーソナリティは、ウィリアムズ・ファミリーのパーソナリティや行動と一致していると思う」

「ウィリアムズはアレックスを最大限に活用できると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / アレクサンダー・アルボン