【動画】 ラッセル、アルボンにウィリアムズF1のドライバーを“引き継ぎ”
ジョージ・ラッセルは、2022年に自身の後任を務めるアレクサンダー・アルボンにウィリアムズF1のドライバー業務を引き継いだ。

昨年、レッドブルF1のリザーブドライバーとして1年間主力を外されていたアレクサンダー・アルボンだが、今年、メルセデスF1に移籍するジョージ・ラッセルの後任としてウィリアムズF1でF1復帰を果たす。

ジョージ・ラッセルは、アレクサンダー・アルボンをウィリアムズF1に推薦するなど、F1シート獲得に大きな役割を果たした。アルボンはそのお返しに「ビールを奢らなきゃね」と語っていた。

ウィリアムズF1の公開した動画では、アレクサンダー・アルボンがハイネケンのビールを持ってジョージ・ラッセルを訪問。

ジョージ・ラッセルは、自分のウィリアムズF1のキャップ、フラッグ、ドリンクボトル、メルセデスF1のトト・ヴォルフに自分を売り込むために使ったPower Point 2019の解説本、トレードマークであるホワイトシーズンとサングラスとともに、ウィリアムズF1のIDカードを渡してドライバー業務を引き継いだ。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / ジョージ・ラッセル / アレクサンダー・アルボン