ウィリアムズF1代表ヨースト・カピト 「F1の政治を楽しんでいる」
ウィリアムズF1のCEOを務めるヨースト・カピトは、チーム運営の初年度にF1の政治を「楽しんでいる」と語る。彼の姿勢はコース外で興味深い存在となるかもしれない。

フォルクスワーゲンがWRC(世界ラリー選手権)を支配した時代のフロントマンだったヨースト・カピトは、2016年にマクラーレンF1チームのCEOとしてF1の世界に足を踏み入れたが、権力闘争の巻き添え被害となり、わずか5カ月でチームを去らなければならなかった。

そして、昨年12が通、ウィリアムズF1のCEO兼チーム代表としてF1界に筆記。チームのオーナーであるドリルトン・キャピタルから、勝利の道に戻り、長期的なプロジェクトを推進することを託されている。

ヨースト・カピトの到着以来、すでにいくつかの大きな動きがあった。ウィリアムズF1はメルセデスとのカスタマー関係を拡大したが、次世代のエンジンルールのためにオプションをオープンなままにし、リーダーシップ構造を見直し、2022年のドライバーとしてメルセデスが推すニック・デ・フリースはなく、レッドブルが支援するアレクサンダー・アルボンと契約した。

ヨースト・カピトの率直なパブリックペルソナ(公的人格)は、F1の舞台裏を支配するゲームと完全に互換性があるように見えない。

だが、ヨースト・カピトは「F1の政治を楽しんでいると言わなければならない。それを楽しんでいる。そして、自分は少し違うことを楽しんでいる」と The Race に語った。

「スポーツに少し異なる視点を取り入れることができるかもしれない。そして、それはスポーツを少し政治的でないものに変えるのに役立つかもしれない」

「私を知っている人なら誰でも、私が率直で、自分の気持ちを露骨に話すことを知っている」

「私は単刀直入な人間であり、くだらない話はしない。誰もが私との自分の立場を知っている」

「それが私にとって成功への道だ」

ヨースト・カピトが交渉の席にいるとき、それが何を意味するかを推測することは不可能だが、フォルクスワーゲンのWRCプログラムを運営している間、彼は舞台裏で重要なプレーヤーだった。

会議室での経験と実践的なチームマネジメントの組み合わせにより、彼はF1を支配する政治的策略に優れた基盤を築いた。だが、F1は別の世界であり、ウィリアムズはタイトルを獲得したフォルクスワーゲンと同じ重みを持ってはいない。

それでも、ウィリアムズは重要な遺産を持つチームであり、現在はより良い財政基盤にあり、それほど脆弱ではない強力なインディペンデントとして、特定の状況では賛成票を投じることができる。

ヨースト・カピトのような人は、ウィリアムズの利益のためにそれを使用するのに適している。

特に彼は「私のチームにとって何が最善かだけに焦点を当てることなく、スポーツの何が最善かを決定する」とも約束しているため、ウィリアムズの投票を確保するのはさらに難しくなり、特定の状況ではさらに影響力を与える可能性がある。

ヨースト・カピトの過去とウィリアムズとの彼の初期の数ヶ月から、彼に何が期待できるかについてのヒントがすでに見られている。

今年の初め、トースト・カピトはF1のさまざまな利害関係者会議で自分の意見を聞き、物事を揺るがしていくことを約束した。

「私が来て、彼らに自分が思っていることを話すのが簡単だとは言わない。彼らが『ヘイ、ヨースト。君がここにいるのは素晴らしいことだ。我は君の言うことを聞くつもりだ』と言われることなど、まったく期待していない!」と冗談交じりに語った。

「しかし、議論は行われなければならず、正しい議論を見つけなければならない。簡単なことではないが、どのようにそれを前進させようとするかが私の見解だ」

「私は自分の見解が正しいと言うほど傲慢ではないが、スポーツのために最善を尽くすことで自分の見解を表明していくつもりだ」

ヨースト・カピトは、外部の影響を受けて屈従することはないと想定できる。彼は、ウィリアムズの2022年のラインナップを検討する際に、メルセデスが支援するニック・デ・フリースではなく、レッドブルのドライバーであるアルボンと契約するなど、必要に応じてウィリアムズの利益に応じて行動する。

そして、リバースグリッドに反対していることを明らかにするなど、F1の利益になると信じるなら、それが短期的にはウィリアムズに利益をもたらすとしてもより広い見方をするだろう。

それは、ヨースト・カピトが、モータースポーツでの純粋な競争を好むからだ。フォルクスワーゲン時代には、チームオーダーを強制するという考えに呆然とし、ファンにとってはそれは「裏切り」になるだろうと語っている。

フォルクスワーゲンの支配の絶頂期に、それが『WRCにとって悪いこと』だと語ったFIAのジャン・トッド会長の発言に腹を立てた。

「ジャン・トッドがあるラリーで私のところにやって来て、 『へい、君は勝ちすぎだ』と言った」とヨースト・カピトは今年初めに回想した。

「そして、私は 『他の人のところに行って、彼らが負けすぎていると言ってください。あなたは最高の仕事をしている人を責めるべきではない』と返した」

しかし、それはヨースト・カピトが新しいことを試すことに反対しているという意味ではない。彼のWRC時代には、彼はラリーの最終ステージに向かうマシン間のギャップを埋めるために設計された大規模なパワーステージのオーバーホールの背後にいた重要人物だった。

ドライバーとコ・ドライバーの間で人気がないことが判明したとき、ヨースト・カピトは彼らはレギュレーションに関しては耳を傾けるべきではないと一蹴した。

また、ジャン・トッドのような人たちがプロセスに干渉することによってWRCコミッションを駄目にしていると示唆し、チャンピオンシップが持続不可能になっていると警告。さらに、翌シーズンに予定されたランニングオーダーのフォーマット変更に不満の抱き、2013年にWRCコミッションから脱退した。

そして2014年にWRCチームがプロモーターと口論になった際、ヨースト・カピトは彼のドライバーにステージエンドのテレビインタビューをボイコットするように言った。

ヨースト・カピトの歴史は、彼の“自分の気持ちを露骨に話す”行動によって支えられていることを示している。彼は羽を波立たせることを恐れず、チームの利益にどのように影響するか、あるいは、おそらくもっと重要なことに、シリーズ全体で何が機能するかに応じて、問題に対して賛成または反対のロビー活動を行う。

それはヨースト・カピトをF1の政治的な戦場の魅力的な部分にする可能性がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ