ウィリアムズF1、2022年F1マシンにレッドブルのロゴを掲載?将来的なエンジン契約の噂も
アレクサンダー・アルボンは、2022年にメルセデスのF1エンジンを搭載するウィリアムズでF1復帰するが、レッドブルから違った形で引き続き支援を受けることになるかもしれない。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、レッドブルがアレクサンダー・アルボンとの関係を断ち切らなければ、ウィリアムズとの契約を阻止するかもしれないと警告していた。

レッドブルは、「2022年にウィリアムズレーシングのドライバーになるためにアレックスをリリースしたが、将来のオプションを含む彼との関係を維持している」とレッドブルは声明で述べた。

アレクサンダー・アルルボンの新しい契約は、もはやレッドブルとは関係がないことを意味するかどうか質問されたウィリアムズF1のチーム代表ヨースト・カピトは「その質問をレッドブルに向けるべきだと思う」と語った。

「私に言えるのは、2022年の期間は彼がウィリアムズのドライバーになるということだけだ」

しかし、契約が発表されたとき、アレクサンダー・アルボンは前面にアルファタウリのブランドが付いた白いTシャツを着ていた。これは現時点ではまだアルボンがレッドブル契約下にあるからだと考えられていた。

「繰り返すが、アレックスは2022年にウィリアムズのドライバーになる。彼が何をするか、何をしないかを決定するのは我々だ」とヨースト・カピトは主張した。

ヨースト・カピトは、アレクサンダー・アルボンと契約するためにウィリアムズのF1エンジンサプライヤーであるメルセデスのトト・ヴォルフの承認を必要としないと述べた。

「私はトトと長年の関係があり、彼は我々が何を必要としているかをよく理解していると思う」とヨースト・カピトは語った。

「ニックはF1に相応しいことは間違いないが、若さと経験のバランスを見れば、アレックスが有利だ」

また、トトは、我々のチームがメルセデスの割いてライトではないことを理解しており、我々の観点から正しい決定を下すことが我々の権利であることを尊重している」

興味深いことに、ヨースト・カピトは来年のウィリアムズのF1マシンにレッドブルのロゴの登場する可能性を排除していない。そして、将来的にウィリアムズはレッドブルのF1パワーパワーユニットに切り替わるという噂もある。

「レッドブルのロゴが我々のマシンに表示されるかどうかは言っているわけではないが、私はザウバーにいた90年代後半から、長い間あの会社の人々と仕事をしてきた」とヨースト・カピトは語った。

「しかし、繰り返すが、それは我々のマシンにロゴがあるかどうかという意味ではない。どうなるか見てみよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / レッドブル / アレクサンダー・アルボン