ニコラス・ラティフィ、38Gのクラッシュでギアボックス交換は不可避 / F1オランダGP 予選
ウィリアムズのニコラス・ラティフィは、F1オランダFPの予選で大クラッシュを喫した後、ギアボックス交換によりグリッド降格ペナルティを回避できれば“驚くだろう”と語る。

ニコラス・ラティフィは、今シーズン2度目のQ3進出を目指していたが、セッション終盤にホイールを芝生に落とし、ターン8のバリアにスピンオフした。この事故によってQ2セセッションは赤旗となり、そのまま終了した。

ニコラスラティフィは、ウィリアムズのマシン後部が大きなダメージを受けて激しい衝撃にもかかわらず、無傷でした。土曜日の夜のソーシャルメディアへの投稿で、ニコラス・ラティフィはクラッシュの衝撃が38Gで登録されたことを明らかにした。

「衝撃によってギアボックスペナルティを受けなければ、驚くだろう」とニコラス・ラティフィは語った。

「チームに謝罪する。今夜はチームに多くの仕事をさせることになってしまった」

「残念ながら、私の唯一の新品セットはQ2の最初の赤旗によって無駄になってしまった」

「驚いたことに、最後に別の中古タイヤセットで出て行った。Q1と比較して、ラップタイムを改善していた。Q1の僕のタイムはQ3のカットオフだった」

「他の人もおそらく改善しただろうけど、それなりのラップだったし、『失うものは何もない。最後にタイヤを失うかもしれないけど、とにかくやってみろ。そうでなければ、いずれにしろ15番手だ』と言い聞かせた」

「ターンインポイントを誤って判断し、草を刈ってしまった」

ニコラス・ラティフィのクラッシュは、チームメイトのジョージ・ラッセルが、Q2タイムを改善しようとしたときに最終コーナーでクラッシュしたことによる赤旗からセッションが再開されてからわずか数分後に発生した。

予選11位となったジョージ・ラッセル、タイヤが限界を超えたときに「強くプッシュすぎた」と認めた。

「僕たち全員がミスをしたら罰せられるサーキットを望んでいる。確かにそうなったね」とジョージ・ラッセルは説明した。
「強くプッシュしすぎた。ラップはその時点でトップ10に昇格するのに十分だということは分かっていた」

「タイヤが限界を超えていたので、スピードをストレートに保つために最後のコーナーを攻めなければならないことは分かっていたけど、最終的には行き過ぎてしまった」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / ジョージ・ラッセル / F1オランダGP / ニコラス・ラティフィ