「ウィリアムズ家はもっと早くにF1チームを売却すべきだった」とパディ・ロウ
元ウィリアムズF1の最高技術責任者を務めたパディ・ロウは、ウィリアムズ家は過去数年間に耐えてきた衰退を避けるためにもっと早くにF1チームを売却するべきだったと考えている。

パディ・ロウは、1987年にウィリアムズでF1キャリアをスタートさせた後、1993年シーズンにマクラーレンに移籍。マクラーレンとメルセデスで成功を収めた後、2017年に最高技術責任者としてウィリアムズF1に復帰した。

だが、2017年にランキング5位で終えていたウィリアムズF1は、2018年にコンストラクターズ選手権で最下位に転落。その後も衰退を続けた。

パディ・ロウは、新車の製造が大幅に遅れた後、2019年の初めにガーデニング休暇に置かれ、ウィリアムズF1はバルセロナでのプレシーズンテストの最初の2日間を逃すことを余儀なくされた。

F1の「BeyondtheGrid」ポッドキャストで、パディ・ロウはドリルトン・キャピタルが昨年ウィリアムズF1チームの所有権を取得したことを喜んでいると語った。

「それは彼らが長い間やらなければならなかったことであり、うれしかった。正直、彼らはもっと早く売却するべきだった。個人とは関係ない様々な理由でね」とパディ・ロウは語った。

「チームは資金調達の観点から非常にネガティブなスパイラルに陥っていた。私がそこにいる間、そのスパイラルはさらに下に向かって進むのを見ていた。“失敗”した以外に良いエンドポイントがないことを理解しているので、実際にはかなり苦痛だった。。だから、今のように切り離して、それがすべてなくなる前に先に進んだことは良かったかもしれない」

「チームがそれなりの価格で販売されたことをとてもうれしく思う。クレアと彼女の兄弟は、家族が長年にわたって達成してきた素晴らしいことを仕事をするために残した」

「名前は維持されている。そして、彼らにはそれを前進させ、そのスパイラルを反対方向に向けるための現金を持っている新しい投資家がいる。これは長いプロセスであり、忍耐強い人々がそれを続けていくだろう」

パディ・ロウは、ウィリアムズF1での2番目の期間にあまり光を当てたがらないが、「報酬がまったくないため、本当に大変な作業だった」と認める。

「正直、あまり深く話したくない期間だ。F1にいたあの時代はずっと毎年が大好きだったし、様々な理由で何らかの方法でどんどん良くなっていった」とパディ・ロスは振り返る。

「ウィリアムズでのあの2年間は、正直言って、楽しくなかった。何の報酬も得られないのは本当に大変だった。正直に、あまり語らない方がいいと思っている。私に言えるのは、F1は入院患者のスペースであり、F1には患者はいないということだ」

「信じられないほど難しい競技だ。間違いなく地球上で最も難しい競技だ。トリックを逃し、長期間正しいことをしていなければ、一晩で回復することは期待できない」

「人間目線ではない。私は多くのことが得意であり、多くの分野でそれを証明したと思うが、奇跡を起こすことはできない。時間という点で奇跡が起きないのは確かだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ