ウィリアムズF1、投資会社ドリルトン・キャピタルへのチーム売却を発表…チーム名は存続
ウィリアムズF1は、アメリカの投資会社ドリルトン・キャピタル(Dorilton Capital)にチームを売却したことを発表。ウィリアムズF1というチーム名は残り、チームにとって“新しい時代の幕開け”と語った。

今年5月には、フランク・ウィリアムズとパトリック・ヘッドによって設立された象徴的なF1チームであるウィリアムズは“新しい戦略的方向性”に着手し、会社の少数株主または過半数株式の売却について関係者との話し合いを始めたと述べていた。

そのニュースを発表してからほぼ3か月後の8月21日(金)、ウィリアムズF1はドリルトン・キャピタルが新しいオーナーになることを発表。“ウィリアムズの歴史におけるエキサイティングな新時代の始まり”であるとし、2021年に“新コンコルド協定によってF1に浸透するルール変更を活用できるようになる”と語った。

重要なことに、ウィリアムズというチーム名はF1に残ることになる。また、グローブにあるファクトリーもそのまま存続することになる。

チームはドリルトン・キャピタルが「ウィリアムズの遺産と文化を尊重し、維持することの重要性を認識し、真価を認め、そのアイデンティティを維持することにコミットしている」と述べた。

「チームはウィリアムズブランドでレースと競争を続け、シャシー名は変更されない。ドリルトンは伝統的なホームであるグローブからチームを移転する計画はありません」と語った。

また、今回の買収には「フランク・ウィリアムズ卿を含むウィリアムズの理事会からの全会一致の支持があった」と述べた。

ウィリアムズF1の副チーム代表クレア・ウィリアムズは「戦略的レビューは、F1とウィリアムズの両方が信頼性と価値を持っていることを確認するのに役立つプロセスでした。結論に達し、ドリルトンがチームの新しいオーナーになることを嬉しく思います」とコメント。

「このプロセスを開始したとき、同じ情熱と価値観を共有し、チームの潜在能力を認識し、その力を解き放つことができるパートナーを見つけたいと思っていました。我々はドリルトンにまさにそれを見つけることができました」

「スポーツ、そして、成功するために何が必要かを理解している人々です。チームの遺産を尊重し、将来の成功を確実にするために全力を尽くす人々です。我々はファミリーとして常にチームを第一に考えてきました。チームを再び成功させ、人員を保護することが、最初からこのプロセスの中心にありました」

「これは、ファミリー経営のチームとしてのウィリアムズの時代の終わりかもしれませんが、我々はそれが良い方向に進んでいることを知っています。売却はチームの存続を保証しますが、最も重要なことは成功への道を提供してくれるということです。ドリルトンが我々のチームに示してくれた信頼に非常に感謝しています。我々は今、彼らと一緒に働くことを楽しみにしています。これを実現するために過去数か月間精力的に取り組んできたウィリアムズの取締役会とアドバイザーに感謝します」

ドリルトン・キャピタルのマシュー・サベージの会長は「ウィリアムズに投資できたことをうれしく思います。また、ビジネスの見通しに非常に興奮しています。我々は同社にとって理想的なパートナーだと思っています。我々の柔軟で忍耐強い投資スタイルにより、チームはグリッドの最前線に戻るという目標に集中できます」とコメント。

「ウィリアムズチームと協力してビジネスの詳細なレビューを行い、どの分野に新しい投資を向けるべきかを判断していくことを楽しみにしています。また、グローブの施設はワールドクラスだと認識しており、移転する計画はないことをここに確認します」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ