ウィリアムズF1、2021年もラッセル&ラティフィの続投が決定
ウィリアムズF1は、2021年もジョージ・ラッセルとニコラス・ラティフィの二人がチームに残留することを発表した。

複数年契約を結んでいるジョージ・ラッセルは2021年末まで契約を延長していることが知られていたが、メルセデスF1の育成ドライバーの一員であるラッセルは、2021年にバルテリ・ボッタスに代わってメルセデスF1にステップアップする可能性が報じられていた。

ジョージ・ラッセルは、以前からメルセデスF1でチャンスを得ることを強く求めているが、自分の将来は副チームに代表のクレア・ウィリアムズの手に委ねられていると述べていた。

しかし、議論の後、ジョージ・ラッセルはF1ハンガリーGPの木曜記者会見の記者会見で意図的に境界線を引くことを選択。2021年にウィリアムズF1に残留することを発表した。

これにより、メルセデスF1は2021年もルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスが続投する可能性が高くなった。

ジョージ・ラッセルのチームメイトである新人のニコラス・ラティフィも2021年にウィリアムズF1に残留することを明らかにした。ニコラス・ラティフィも2022年までの3年契約にサインしたと考えられている。

「僕は2021年もウィリアムズにとどまることになった」とジョージ・ラッセルは語った。

メルセデスF1に選ばれなかったことに落胆しているかと質問されたジョージ・ラッセルは、メルセデスF1としても契約を終了させる努力はしていたことをほのめかした。

「いいや、メルセデスにはまったく落胆なんてしてない。彼らができることはこれ以上はなかった。クレア(ウィリアムズ/副チームプリンシパル)は固く決めていたし、僕にはウィリアムズとの契約がある以上、その決定を尊重しなければならない」

「僕はここにいる。ウィリアムズのために持っているすべてを今年も来年も提供し、その後の未来がどうなるか見てみるつもりだ。とにかく、ウィリアムズでの僕の立場から見れば、ポジションは変わっていない」

「僕がウィリアムズと契約を結んでいることは事実であり、言ったように、クレアは僕を手放す準備ができていなかった。僕はそれを尊重しなければならない。それは僕が今年の初めに運転していたかどうかで変わっいたとは思わない」。

「だから、僕はすべての決定を完全に理解し、尊重している。そして今は自分の仕事に集中している。今年の残りの年と来年に向けて最善を尽くすためにここにいる」

ウィリアムズF1は、新しい投資家を迎えるか、あるいは売却の可能性さえある戦略的な見直しを受けている。

しかし、ジョージ・ラッセルは「戦略的な見直しの後に心配する必要はない。将来的に何が起きても問題はないだろう」とジョージ・ラッセルは語った。

「僕の立場は安定している。だから、僕サイドからの心配はない」

ニコラス・ラティフィも「来年にオーナーシップなどが変わっても何も影響はないだろう」

「僕は自分の仕事に焦点を合わせているだけだし、どうなるか見てみるつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / ジョージ・ラッセル / ニコラス・ラティフィ